ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 政策企画部 > 本庁 > 県北振興局 > 一般公募から8組の作品・プロジェクトが選出されました!

ここから本文です。

更新日:2016年2月29日

一般公募から8組の作品・プロジェクトを選出しました!

一般公募から8組の作品・プロジェクトを選出しました!たくさんの皆様にご応募をいただきまして、どうもありがとうございました。

茨城の豊かな地域資源の魅力を発信することのできる創造性にあふれた先進的な作品やプロジェクトを募集した「作品・プロジェクト一般公募」には、93組107作品の応募がありました。

南條史生(芸術祭総合ディレクター)、四方幸子(芸術祭キュレーター)、金澤韻(芸術祭アソシエイトキュレーター)、谷川じゅんじ(芸術祭クリエイティブディレクター)、林千晶(芸術祭コミュニケーションディレクター)の5人の審査委員による厳正なる書類審査を実施したうえで、選ばれた16組の面接審査を行った結果、以下の8組を茨城県北芸術祭への参加作品・プロジェクトとして選出しました。
なお、以下の企画内容は応募段階のものであり、今後具体的に制作を進める中で変更となることがあります。

※図版は参考画像です。

 

一般公募選出作品

1)鈴木浩之/大木真人「『だいちの星座』いばらきけんぽく座プロジェクト」

鈴木浩之/大木真人 ©daichinoseiza

参加者と共に人工衛星を利用して大地に星座を描くプロジェクト。手作りした電波反射器を地上に配置、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星がその反射された電波を捉えることで、地上絵が出来上がります。描くのは大きな「星座」で、星座を構成する「星」は、茨城県北芸術祭エリアとなっている全6市町に点在させます。完成した地上絵と共にドキュメント映像や電波反射器を展示します。


2)林剛人丸「今ここにある宙(そら)」

林剛人丸 《想い浮かべる空》常総まちなか展覧会2011

このプロジェクトでは、人々の記憶の残る大きな空間の会場に青空が映し出される飛行船を浮かべ、個人の記憶を喚起しながら、それとの差異から場が持っている記憶を浮かび上がらせます。また、会期中にはテントを持ち込んでキャンプをするワークショップをおこない、地域の方と参加者が対話する場を作ります。


3)深澤孝史「常陸佐竹氏再訪 Hitachi-Satake Revisited」

深澤孝史

アーティスト自身がかつてこの地を治めていた大名、佐竹氏に扮し、棚倉構造線を軸に、自然、佐竹氏の史跡、茨城県北で活動している人々に出会いながら旅をするプロジェクト。戦国大名の佐竹氏を土地と人の精神が結びついた象徴として召還し、現代に生きる人々と出会い、対話することで、未来について考えます。


4)松井靖果「この先、記憶の十字交差あり。」

松井靖果

日立市出身のアーティストの記憶にある場所や出来事を辿り、撮影した素材を組み合わせて、一枚の120号絵画を制作します。またその制作プロセスを録画して、絵画とともに映像インスタレーションとして展示します。


5)宮原克人「装飾器―生成と生業―」

宮原克人 《記憶の記録》会津・漆の芸術祭2010
木や漆の素材を用いた、室内でのインスタレーションと食のイベントです。地域の古材・道具や割り板を再構成し、また公開制作として漆を塗ります。それらは家具であり、器であり、彫刻である「装飾器」となります。30名程の漆の器や箸を用意して、展示期間中に食のイベントを開催します。また地域の方々に漆器を貸し出します。


6)村上史明「風景幻灯機」

村上史明 Fumiaki Murakami

望遠鏡型のオブジェを県北各地の展望台やタワーに設置します。接眼レンズを通して内部をのぞくと風景がみえますが、その風景は一見現実のもののようで、実は現実をずらした、異なる風景となっています。各地に伝わる伝承や民話をリサーチし、取り込みながら、現実と幻想が混じり合う経験を作り出します。


7)柚木恵介「物々交換プロジェクト at KENPOKU」

柚木恵介

物々交換所となる屋台(本体:木造、リヤカー:鉄製、共に自作)を引き、道行く人々と物々交換を繰り返していくプロジェクトです。交換できるのは常に一つで、それと交換してくれる人を探しながら、大子町→常陸大宮市→常陸太田市→日立市→高萩市→北茨城市と移動していきます。交換した物と、交換してくれた人々をポラロイドカメラで撮影しながら、会期前に約2ヶ月の旅をして、その記録と軌跡を展示します。


8)茨城デザイン振興協議会「日渡の里プロジェクト[大子町]」(連携プロジェクト)

デザイン振興協議会

日本の原風景が残る大子町の山の暮らしとそこに住む人々をデザインし、地域の豊かさを紹介するプロジェクト。ポスター展覧会、米づくりワークショップ、お土産のパッケージデザインなどの複数の地域との協働プロジェクトで構成されます。

 

 

作品・プロジェクト一般公募概要

応募申込締切:2015年12月14日(月)必着
応募資格:下記のすべてに該当する方
・茨城県北芸術祭の趣旨にご賛同いただける方
・茨城県にお住まいの方、通勤・通学されている方、ご出身の方、茨城県内での活動実績(芸術文化、地域振興など)がある方(グループの場合、応募資格に該当する方を1名以上入れてください。)
・入選した際に茨城県北芸術祭に必ず参加できる方

このページに関するお問い合わせ

政策企画部県北振興局企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2727

FAX番号:029-301-2738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?