ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 企画部 > 本庁 > 県北振興課 > 「茨城県北地域ご当地つけそばコンテスト」入賞レシピ詳細

ここから本文です。

更新日:2016年5月11日

「茨城県北地域ご当地つけそばコンテスト」入賞レシピ詳細

 

最優秀賞

 

県北けんちんつけそば

ひたちなか市・一般

秋山あずささん

県北けんちんつけそば

材料

奥久慈しゃも

大根

人参

凍みこんにゃく

長ねぎ

里芋

500グラム

500グラム

200グラム

3枚

2本

200グラム

自然薯

干し湯葉

だし

しょうゆ・みりん

揚げ油・ごま油

200グラム

大1枚

適量

各適量

適量

各適量

下ごしらえ

  • しゃも:小間切り
  • 大根・人参:いちょう切り
  • 凍みこんにゃく:戻して短冊切り
  • 長ねぎ:小口切り
  • 湯葉:1センチ角に切る
  • 里芋・自然薯:皮をむいて1センチ角に切る

つくりかた

  1. 里芋、自然薯を油で揚げる。
  2. 湯葉を油で揚げる。
  3. 鍋にごま油を入れ、大根、人参を入れて炒める。
  4. 凍みこんにゃく、だしを入れて煮る。
  5. 調味料を入れる。
  6. ねぎ、揚げた里芋、自然薯を入れる。
  7. 器に盛り、湯葉をのせる。

優秀賞

 

奥久慈シャモと県北野菜の

とろ~りつけそば

常陸太田市・小倉屋食堂

田仲昭一さん

奥久慈シャモと県北野菜のとろ~りつけそば

材料

奥久慈しゃも(もも)

白菜(根元の白い部分)

長ねぎ

人参

里芋

大根

しいたけ

さつまいも

片栗粉・菜種油

だし汁

200グラム

3枚

2本

100グラム

300グラム

150グラム

5枚

300グラム

各適量

1000cc

<薬味>

長ねぎ

小ねぎ

ゆず(皮)

<調味料>

砂糖

食塩

オイスターソース

しょうゆ

ごま油

 

2本

1束

少々

 

60グラム

5グラム

30cc

100cc

適量

下ごしらえ

  • しゃも・里芋:半口大に切る
  • 白菜:長さ5センチ幅1センチに切る
  • しいたけ:スライス
  • 長ねぎ:厚さ5ミリの小口切り
  • さつまいも:厚さ1センチのいちょう切り
  • 人参・大根:厚さ5ミリいちょう切り

つくりかた

  1. さつまいもを油で素揚げする。
  2. 鍋に菜種油を入れ、しゃもを炒める。
  3. 里芋、人参、大根、しいたけを入れてさらに炒める。
  4. だし汁を加えて野菜がやわらかくなるまで煮込む。
  5. 白菜、ねぎ、さつまいもを入れて煮立たせる。
  6. 調味料を入れる。
  7. 煮立ったら水溶き片栗粉を入れてとろみを出す。
  8. 器に盛り、薬味を添える。

 

骨付き奥久慈軍鶏の

豆乳白湯風

日立市・株式会社ジオフーズ

宮澤孝子さん

骨付き奥久慈軍鶏の豆乳白湯風

材料

奥久慈しゃも(骨付きぶつ切り)

豆乳

白菜

大根

人参

ごぼう

舞茸

1キログラム

800cc

2分の1株

2分の1本

1本

3分の1本

3パック

長ねぎ

三つ葉

しょうが

酒・みりん

鶏ガラスープの素

中1本

1束

1600cc

20グラム

各200cc

大さじ2

大さじ2

下ごしらえ

  • しゃも:熱湯にくぐらせ水でよく洗う
  • 白菜:幅1センチに切る
  • 大根・人参:皮をむいていちょう切り
  • ごぼう:皮をこそげて斜めに薄く切る
  • 舞茸:手で小房に分ける
  • 長ねぎ:斜めに薄く切る
  • 三つ葉:1センチに切る
  • しょうが:すりおろす

つくりかた

  1. 鍋にしゃも、白菜、大根、人参、ごぼう、舞茸、しょうがと水を入れ火にかける。
  2. 沸騰したら弱めの中火にしてアクをよく取り除く。
  3. 鶏ガラスープの素を加え30分くらいアクを取りながら煮込む。
  4. 豆乳と塩を加え、さらにアクを取りながら10分くらい煮込む。
  5. 長ねぎを加え、ひと煮立ちさせる。
  6. 器に盛り、三つ葉を散らす。

特別賞

 

奥久慈産湯葉の精進つけそば

日立市・株式会社要建設・蕎麦処まち庵

児島暢弘さん

奥久慈産湯葉の精進つけそば

材料

長ねぎ

絹豆腐

花麩

舞茸

ごぼう

湯葉

1.5本

2丁

1本

1.5株

1本

30グラム

干ししいたけ

昆布

濃口しょうゆ

酒・みりん

15枚

1本

200cc

各650cc

2600cc

下ごしらえ

  • ごぼう:アク抜きする

つくりかた

  1. 干ししいたけを水で30分ほど戻し、だしを取る。
  2. 1.に昆布を入れて火にかけ、沸騰する前に昆布を取り出し、その後2分ほど弱火にかけ、精進出汁をつくる。
  3. 鍋に酒とみりんを入れて火にかけアルコールをとばした後、しょうゆと2.を入れる。
  4. 3.に長ねぎ、絹豆腐、花麩、舞茸、ごぼうを入れ、火が通るまで煮る。
  5. 器に盛り、湯葉とゆずの皮をのせる。

    このお店で食べられます!

蕎麦処まち庵<店舗HPはこちら>(外部サイトへリンク)

住所:日立市幸町1-1-3-3(JR日立駅直結)
電話:0294-33-8838

「奥久慈湯葉の精進つけ常陸秋そば」1,100円(税込)

machian

 

奥久慈鮎のつみれ汁

常陸太田市・遊蕎塾

須賀川昭二さん

奥久慈鮎のつみれ汁

材料

生鮎(つみれ用)

れんこん

そば粉

しょうが汁

長ねぎ

200グラム

100グラム

適量

適量

適量

2分の1本

生鮎(だし用)

かつお節(古節)

かえし

ゆず

200グラム

80グラム

2000cc

200cc

適量

下ごしらえ

  • 生鮎(つみれ用):三枚に下ろす
  • 生鮎(だし用):焼く(焼いた状態で70グラムになる)

つくりかた

  1. フードプロセッサーに三枚に下した鮎、れんこん、しょうが汁、塩、そば粉を入れて練る。
  2. 1.を適当な形にして蒸し器で15分蒸してつみれをつくる。
  3. ねぎを斜め切りにしてバーナーで焼き目をつける。
  4. 鍋に水1000ccと焼き鮎70グラムを入れ、弱火で60分煮て鮎だし汁をとる。
  5. 鍋に水1000ccとかつお節80グラムを入れ、弱火で60分煮てかつおだし汁をとる。
  6. 鮎だし汁700cc、かつおだし汁700cc、かえし200ccを合わせる。
  7. 6.につみれ、ねぎを入れ、ゆずを添える。

 

七運つけそば

那珂市

那珂市商工会女性部

七運つけそば

材料

奥久慈しゃも

大根

人参

ぎんなん

いんげん

こんにゃく

しいたけ(どんこ)

れんこん

赤ねぎ

ゆず

300グラム

400グラム

250グラム

10粒

10本

160グラム

5個

100グラム

3本

1個

花かつお(サバ混合)

昆布

砂糖

しょうゆ

みりん

塩・酢・酒

ひまわりオイル

サラダオイル

100グラム

50グラム

45グラム

2000cc

250cc

250cc

250cc

各適量

適量

適量

下ごしらえ

  • しゃも:小さめの一口大に切り、酒を入れた鍋で煮てアクを取る。
  • 大根・人参:いちょう切りにして下ゆで。
  • ぎんなん・いんげん:ゆでる。
  • こんにゃく:短冊切りにして下ゆで。
  • しいたけ:軸を落として薄切りにして下ゆで。
  • れんこん:5ミリのいちょう切りにして酢水でアク抜きする。
  • 赤ねぎ:4センチに切る。
  • ゆず:皮をむいて刻む。

つくりかた

  1. 鍋に汚れを落とした昆布と水を入れて火にかけ、10分煮てから昆布を取り出し、沸騰したら火から下して差し水100ccを入れる。
  2. 1.に花かつおを入れ、一煮立ちしたら火を止めてアクを取り除き、かつおが沈み始めたらペーパータオルでこす。
  3. フライパンでしゃもの半量と赤ねぎを焦げ目が付くくらい焼き、酒で香りを出す。
  4. 鍋にみりんを入れ、沸騰したらしょうゆ、酒、砂糖、2.のだし汁1250ccを入れる。
  5. 4.にしゃもの残り半量、大根、人参、しいたけ、こんにゃく、れんこんを入れて弱火でアクを取りながら15分くらい煮る。
  6. 器に盛り、ぎんなん、いんげん、3.のしゃもと赤ねぎ、ゆずをのせる。

 

ピリ辛♪

あんこうチゲ風そば

北茨城市・一般

野村みゆきさん

ピリ辛あんこうチゲ風そば

材料

あんこう(骨なし切り身)

白菜

長ねぎ

しめじ

にら

1000グラム

500グラム

3本

3パック

3束

3000cc

コチュジャン

鶏ガラスープの素

すりおろしにんにく

すりおろししょうが

大さじ5

大さじ5

大さじ5

大さじ2

大さじ2

下ごしらえ

  • あんこう:沸騰したお湯で湯がいて、すぐに水に取り、水切りする。
  • 白菜:一口大に切る
  • 長ねぎ:斜め切り
  • しめじ:石づきを取り、小房に分ける
  • にら:4センチに切る

つくりかた

  1. 鍋に水、味噌、コチュジャン、鶏ガラスープの素、酒、すりおろししょうが、すりおろしにんにくを入れ、よく混ぜてひと煮立ちさせる。
  2. 白菜、長ねぎ、しめじを入れ、火が通るまで煮る。
  3. あんこうとにらを入れ、あんこうとにらに火が通るまで煮る。

 

白だしの

ネバネバアボカド肉汁

那珂市・茨城県立水戸第三高等学校

渡辺菜央さん

白だしのネバネバアボカド肉汁

材料

納豆

アボカド

豚バラ肉

5パック

1個

200グラム

1500cc

白だし

きざみのり

わさび

しょうゆ

300グラム

適量

適量

適量

下ごしらえ

  • 納豆:付属のたれを入れ混ぜる
  • アボガド:サイコロ状に切る。変色しないようにわさびじょうゆにつけておく。

つくりかた

  1. 鍋に水と白だしを入れ、火にかける。
  2. 沸騰したら豚バラ肉を入れる。
  3. 器に盛り、アボガド、納豆、きざみのりをのせる。

このページに関するお問い合わせ

企画部県北振興課振興

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2715

FAX番号:029-301-2738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?