ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 政策企画部 > 本庁 > 県北振興局 > 「茨城県北ガストロノミープロジェクト」について

ここから本文です。

更新日:2019年9月5日

「茨城県北ガストロノミープロジェクト」について

茨城県県北振興局では,県北地域への誘客促進・活性化を図ることを目的とし,「ガストロノミーツーリズム(※)」を推進する取り組みを,平成30年度より実施しております。

ガストロノミーツーリズム…その土地の気候風土が生んだ食材・習慣・伝統・歴史などによってはぐくまれた食を楽しみ、その土地の食文化に触れることを目的としたツーリズム。

2年目を迎える令和元年度は,県北地域の飲食店または宿泊施設のオーナー、シェフなどで構成したワーキンググループ(勉強会)の開催、ワーキンググループのメンバーによるコンテストの開催、ツアーの開催等に取り組んでいく予定です。

また,ガストロノミーに関するセミナーも2回開催予定です。詳細は下記リンクをご覧ください。

ワーキンググループメンバーの募集について≪終了しました≫

今回、共にこのプロジェクトを担い、県北地域を食を通じて盛り上げる仲間になってくれる、ワーキンググループのメンバーを募集します!

 ワーキンググループをプロデュースしてくれるのは、ライフスタイルマガジン「自遊人」の編集長であり,宿泊施設「里山十帖」で著名な株式会社自遊人代表の岩佐 十良(いわさ とおる)氏。ワーキンググループでは,岩佐氏による講義や、先進地(新潟・雪国A級グルメ認定店)への視察、有名料理人による講義等を実施する予定です。また、ワーキンググループメンバーは、全3回の勉強会に加え、コンテストやツアー等、『茨城県北ガストロノミープロジェクト』における企画に参加いただくことができます。 

iwasashi

新潟県を中心に展開している「雪国A級グルメ」や、「島根県邑南町A級グルメ」「新潟県・庄内エリアディスティネーションキャンペーン」のほか、ライフスタイル提案型宿泊施設「里山十帖」などをプロデュースし、自身が提唱する「ローカル・ガストロノミー(※)」を実践している。

 

 ※ローカルガストロノミー…地域の歴史や文化、風土を料理に表現すること。

 

募集要項

  • 応募対象 茨城県北地域(※)に所在する飲食店または宿泊施設のオーナー,シェフなど

     茨城県北地域…日立市,常陸太田市,高萩市,北茨城市,常陸大宮市,大子町

  • 応募期限 令和元年7月25日(木曜日)17時00分まで(必着)

  • 応募方法

 下記提出書類1及び2を、郵送または電子メールにて下記宛先までご提出ください。

  • 提出書類

 1.エントリーシート

 以下よりwordの様式をダウンロードしてご使用ください。

 募集要項及びエントリーシート(ワード:17KB)

 2.自店舗等で提供する料理内容がわかる写真(2枚以内)

  • 注意事項

 ・募集締切後、(株)自遊人により、書面審査と併せて訪問審査を行う場合があります。(訪問審査は、7月29日(月曜日)~31日(水曜日)に実施予定です。)8月中旬頃に、審査の結果をお知らせします。

 ・ワーキンググループ参加にかかる交通・宿泊費等は自費となります。

 ・原則、ワーキンググループの全日程及び『茨城県北ガストロノミーコンテスト』への参加が必須となります。(事情により全日程参加できない場合は応相談。ただし,応募者が多数の場合、全日程参加可能な方を優先させていただく場合がございます。)

 ・応募書類の返却はいたしません。ご了承ください。

  • 問合せ・書類提出先

 〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6

 茨城県政策企画部県北振興局 ガストロノミー担当

 電話: 029-301-2727

 電子メール: kenpoku-gast@bz04.plala.or.jp

電子メールによる提出の場合は,1通あたりのデータサイズを15MB以下にしてください。それ以上になりますと,受信できませんので,ご留意ください。 

 ワーキンググループの内容について

以下のとおり,全3回の勉強会を予定しております。時間及び場所などにつきましては、内容が整い次第、メンバーの方に別途ご案内します。

 

 

日程

時間

場所

内容

第1回 令和元年9月4日(水曜日) 13時以降の2~3時間程度で調整中 県北地域で調整中 自遊人・岩佐氏による講演『ローカルガストロノミーとは』
第2回 令和元年10月15日(火曜日),16日(水曜日)(1泊2日) 調整中 新潟県南魚沼市など 岩佐氏と巡る・雪国A級グルメ(新潟県)現地視察ツアー
第3回 令和元年10月23日(水曜日) 調整中 県北地域で調整中 外部講師を招へいした講義・実践など

 

 第1回:自遊人・岩佐氏による講演『ローカルガストロノミーとは』

 

tart ローカルガストロノミーの定義を改めて共有し、食や文化に関する理解を深めていきます。岩佐氏には、生産者とのつながりや伝統食の魅せ方等、自身でプロデュース&運営している新潟県「里山十帖」の事例などを踏まえ、ご説明いただきます。事業者の皆様には新たな気付きにつながることかと思います。 

勉強会後はメンバー同士のつながりを深める懇親会も予定しております。

 

 

第2回:岩佐氏と巡る・雪国A級グルメ(新潟県)現地視察ツアー

soba ローカルガストロノミーを既に実践している新潟県南魚沼エリアを訪問し、その方々の話を聞きながら知見を深めていきます。夜は交流会を行い、茨城県北地域としての横のつながりも醸成します。

現地までの交通費、宿泊費はご自身のご負担となります。(宿泊費は2~4万程度を想定しています)

 

第3回:外部講師を招へいした講義・実践など

akanegi外部の意見を取り入れることで自分の店舗を見つめなおし、新たなメニュー開発などのヒントとしていただきます。また地元生産者との交流を通じ、伝統野菜や地域の野菜について学んでいただきます。

(外部講師及び講義内容については調整中です。詳細が決定次第、メンバーの方にご案内します。)

 

茨城県北ガストロノミーコンテスト、ツアーについて

2019年11月以降、ワーキンググループメンバーによる『茨城県北ガストロノミーコンテスト』を実施します。コンテストの受賞店舗は、その後実施する『茨城県北ガストロノミーツアー』の立ち寄り先になる予定です。

詳細の内容、期間などにつきましては、『茨城県北ガストロノミープロジェクト』WEBサイトが整い次第、ご案内します。(コンテストは秋~冬、ツアーは令和2年3月頃の実施を予定しております)

kuriharanouen onespoon_okabegoumei

平成30年(2018年)度の取り組みについて

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部県北振興局企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2727

FAX番号:029-301-2738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?