ホーム > 茨城県北ガストロノミーセミナー

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2019年9月5日

茨城県北ガストロノミーセミナー

 茨城県北地域への誘客促進及び地域活性化を目的として,平成30年度よりガストロノミーツーリズム(※)の推進に取り組んでいます。このたびその一環として,地域に根差した食材や食文化を大切にするガストロノミーの考え方を広く周知するとともに,料理人同士や生産者と料理人との連携促進を図るため,以下のとおりセミナーを開催します。

※ガストロノミーツーリズム… その土地の気候風土が生んだ食材・習慣・伝統・歴史などによってはぐくまれた食を楽しみ、その土地の食文化に触れることを目的としたツーリズム。

セミナー名称

第1回茨城県北ガストロノミーセミナー ~地域の食文化を活かしたまちづくり~

日時

2019年9月17日(火曜日) 13時00分~15時30分(開場12時30分)

場所

ホテル天地閣 1階 孔雀の間(茨城県日立市旭町2-6-13)

参加対象

主に,県北地域(※)の飲食・宿泊事業者,食に関わる生産者,食による地域活性化に興味がある方

 ※ 県北地域…日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町

  ※ 県北地域以外の方でもご参加いただけます

定員 

 100名

入場料

無料

内容

  •  13時00分~13時05分 挨 拶 等
  •  13時05分~13時45分 基調講演(40分):ロレオール 伊藤氏による講演
  •  13時45分~14時35分 トークセッション(50分):モデレーター,伊藤氏,地元専門家によるトークセッション
  •  14時35分~14時55分 質疑応答(20分):参加者からの質問
  •  14時55分~15時10分 事業紹介(15分):県北振興局のガストロノミーにかかる事業紹介
  •  15時10分~15時30分 交 流 会 (20分):講師や参加者の自由な交流時間

講演内容

テーマ「地域の食文化を活かしたまちづくり」

地方のレストランで活躍する伊藤シェフに、ご自身の経験から、生産者や料理人同士の連携の重要性、地方の料理人や飲食店が果たす役割などについてお話しいただきます。

講師,トークセッション登壇者

 ・講師:ロレオール田野畑 伊藤 勝康氏

 ・地元専門家:中川学園調理技術専門学校 統括部長 眞嶋 伸二氏

 ・モデレーター:株式会社Co-Lab取締役 堀田 誉氏

講師プロフィール

ロレオール田野畑 オーナーシェフ 伊藤 勝康 氏

itoucheff千葉県出身。羽田空港内のレストランに勤務の後、1995年に妻の出身地である岩手県奥州市前沢に移住し、「牛の博物館」に併設するレストラン店長兼シェフに就任。 2016年からは、田野畑村に「ロレオール田野畑」をOPEN。地元食材を使ったフランス料理の提供と並行し、岩手県食のプロフェッショナルアドバイザー、いわて地産地消推進会議委員長を歴任し、地域の活性化に寄与。 2011年には、地域に根差した活動と優れた技術が評価され、料理人顕彰制度「料理マスターズブロンズ賞」を、2017年11月には、「同シルバー賞」を受賞。

問合せ先

茨城県政策企画部県北振興局 ガストロノミー担当

  • 電話 029-301-2727
  • メール kenpokusinkou1@pref.ibaraki.lg.jp

 

このページに関するお問い合わせ

政策企画部県北振興局企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2727

FAX番号:029-301-2738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?