ホーム > 茨城で暮らす > 移住・二地域居住 > いばらきに住んでみませんか?(移住・二地域居住) > 茨城県でトライアル移住・二地域居住に取り組む東京圏の企業を募集します!

ここから本文です。

更新日:2017年10月10日

茨城県でトライアル移住・二地域居住に取り組む東京圏の企業を募集します!

トライアル移住

茨城県では、東京圏から本県への新しいひとの流れをつくるため、東京圏に立地する企業とタイアップして従業員のトライアル移住・二地域居住をサポートする取組みを進めており、この度、東京圏に立地する企業を対象に公募説明会を開催しますのでお知らせいたします。

タイアップ企業公募説明会の概要

日程

①5月11日(木曜日)15~16時、②5月15日(月曜日)14~15時

※両日同じ内容となります。

会場

株式会社インテリジェンス丸の内第二オフィスセミナールーム

(東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビル8F)

内容

タイアップ企業の公募方法等について説明を行います。

(参考:公募内容)

募集社数

3社程度

対象企業

東京圏(埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県)に立地し、「働き方改革」や「地方進出」を目的として、従業員の茨城県へのトライアル移住・二地域居住を検討している企業

対象従業員

東京圏に在住する常用労働者(役員も含む)

※休暇中、求職中、休業中の従業員は除く

トライアル実施期間

2017年8月から同年12月頃まで

その他

タイアップ企業には奨励金として最大300万円を支給

※そのうち150万円はコンサルティングサービスに係るものとし、その費用はインテリジェンスが負担する

申込方法

下記URLよりお申込みください

https://www.tempstaff.co.jp/client/itaku/koukyou/pjt/ibaraki_trialijyu/(外部サイトへリンク)

背景・目的

茨城県は、自然豊かで温暖な気候であることに加えて、住宅敷地面積が全国第1位であるなど大変暮らしやすい地域です。また、東京へのアクセスが良いことなどから「住みよさランキング(東洋経済新報社)」において県内の市町村が多数上位にランクインするとともに、昨年の社会動態では7年ぶりに転入超過となっています。最近では、その特徴を生かして、市町村と連携した移住者の受入れ体制の整備や、都内における移住相談窓口の設置など、本県への移住希望者に対するサポートに力を入れています。

また、昨年度から新たに「トライアル移住・二地域居住推進事業」を開始したところであり、東京圏に立地する以下のような企業が、トライアルとして従業員を本県への移住・二地域居住させる取組みをサポートしていきます。

  • テレワークやフレックスタイム制度等の導入により、勤務の時間や場所に捉われない多様な働き方を推進する企業
  • 生産性の向上、災害時のリスク分散、または事業の拡大等により、本県への自社機能の一部を移転しようと検討する企業 等

事業概要

事業名称

トライアル移住・二地域居住推進業務

事業委託先

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾太郎)

概要

茨城県が、まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本目標として掲げる「東京圏から本県への新しいひとの流れ」を作ることを目的として、東京圏に立地する企業とタイアップし、従業員がトライアルとして本県に移住・二地域居住する取組みを通じて、本県の移住・二地域居住に関する環境のPRを行ってまいります。

今後のスケジュール

(予定)

 

時期

内容

備考

5月末

タイアップ企業の決定

東京圏に立地するタイアップ企業を3社程度決定します。

8月上旬

12月中旬

トライアル移住・二地域居住の実施

タイアップ企業の従業員が一定期間、本県においてトライアル移住・二地域居住を実施します。

12月下旬

H30年2月上旬

トライアル結果の検証・分析

トライアルの成果を基に、今後、東京圏から本県への移住・二地域居住を推進するために必要な取組みについて検証・分析します。

2月中旬

成果報告会の開催

都内において成果報告会を開催します。

このページに関するお問い合わせ

企画部企画課移住推進

水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2536

FAX番号:029-301-2539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?