ここから本文です。

更新日:2018年1月12日

霞ヶ浦導水事業:霞ヶ浦及び桜川(千波湖)の水質浄化

霞ヶ浦の水質浄化(1)

霞ヶ浦導水事業が完成し、那珂川と利根川から浄化用水が導入されると、湖水が希釈されるとともに、霞ヶ浦の容量にほぼ相当する水量が河川流入水に追加されることになり、湖水の入替えを促進する効果が期待されます。

水質浄化図

現在の霞ヶ浦への河川流入水量は、湖水が年間約2回分入れ替わる量に相当します。

これに霞ヶ浦導水事業による浄化用水を加えると、年間約3回入れ替わることになります。

国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所資料より

霞ヶ浦の水質浄化(2)

湖沼水質保全計画(第5期)の将来(平成22年度)負荷量の想定をもとに平成8~17年の流況により試算すると,霞ヶ浦(西浦)の水質(COD)の平均値を、約0.8ミリグラム/リットル低下させます。

水質浄化グラフ

国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所資料より

 

 

茨城県における霞ヶ浦の水質浄化については茨城県生活環境部環境対策課(湖沼対策)のホームページを御覧ください。

 

桜川(千波湖)の水質浄化

千波湖の水質は、昭和63年に開始された千波湖導水によりCOD(平均値)が28.5ミリグラム/リットルから10ミリグラム/リットル程度に改善されていますが、依然として夏季のアオコ発生が顕著であり、更なる水質改善が必要になっています。

桜川水質浄化グラフ

「第二期水環境改善緊急行動計画桜川清流ルネッサンス2.(改訂版)」及び常陸河川国道事務所ホームページより

霞ヶ浦導水事業による浄化用水の導入

霞ヶ浦導水事業では、那珂川から桜川へ、最大3立方メートル/秒の導水を行うことにより桜川(千波湖)の水質改善を図ります。

 

このページに関するお問い合わせ

企画部水・土地計画課水資源・工水

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2625

FAX番号:029-301-2629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?