ホーム > 茨城を知る > 行財政改革 > 政策評価 > 公共事業等の事業評価 > 公共事業の再評価について > 平成30年度公共事業再評価委員会の開催結果について

ここから本文です。

平成30年度公共事業再評価委員会の開催結果について

1.日時

平成31年2月8日 金曜日 10時30分~11時55分

2.場所

茨城県庁庁議室

3.出席委員

6名中6名出席

4.審議事業

県事業3事業(土木部)

5.審議結果

審議の結果,いずれの事業も「継続が妥当である」との結論となりました。

 

番号

事業名 

 名称

 箇所

対応方針 

会議資料 

 1

地方道路

整備事業

国道125号

桜川バイパス 

 稲敷市

 現道の交通量の緩和を図り円滑な交通流動を確保するとともに,地域間の連携強化による産業の活性化及び企業誘致等の推進が期待できることから事業を継続したい。

再評価調書(PDF:123KB)

説明資料(PDF:3,164KB)

 2

地方道路

整備事業

国道125号

古河拡幅

 古河市  現道の交通量の緩和を図り円滑な交通流動を確保するとともに,地域間の連携強化による産業の活性化及び企業誘致等の推進が期待できることから事業を継続したい。

再評価調書(PDF:118KB)

説明資料(PDF:3,263KB) 

 3 街路事業 

(都)若松

行里川線 

 石岡市  現道の交通量の緩和を図り円滑な交通流動を確保するとともに,地域間の連携強化による産業の活性化及び企業誘致等の推進が期待できることから事業を継続したい。

再評価調書(PDF:124KB)

説明資料(PDF:2,485KB)

※審議の詳細については,下記をご参照ください。

 

saihyouka2

saihyouka1