ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

茨城県景気ウォッチャー調査(平成25年12月調査分)

 平成26年1月16日掲載

 

 目次

 

  1. 概況
  2. 全県の動向
  3. 地域別の動向
    地域別の動向(現状)
    地域別の動向(先行き)
  4. 報告書
  5. 統計表

 

ページの先頭に戻る

 1.概況

1.1.景気の現状判断DI

景気の現状判断DI
  平成25年9月 平成25年12月 前回調査比
茨城県

50.4

54.3

+3.9

県北地域

47.7

56.4

+8.7

県央地域

52.9

49.6

-3.3

鹿行地域

46.9

57.7

+10.8

県南地域

53.9

60.1

+6.2

県西地域

50.5

48.7

-1.8

1.2.景気の先行き判断DI

景気の先行き判断DI
  平成25年9月 平成25年12月 前回調査比
茨城県

51.2

54.2

+3.0

県北地域

50.0

50.9

+0.9

県央地域

50.8

54.8

+4.0

鹿行地域

51.3

55.5

+4.2

県南地域

50.5

55.3

+4.8

県西地域

53.2

54.3

+1.1

 

目次に戻る

 2.全県の動向

2.1.景気の現状判断

2.1.1.景気の現状判断DI(全県)

景気の現状判断DIは54.3となった。平成25年9月の調査(以下,「前回調査」という。)より3.9ポイント上昇し,横ばいを表す50を2期連続で上回った。

景気の現状判断DI(全県)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

38.2

48.9

49.7

50.4

54.3

家計動向関連

38.4

49.4

51.0

48.2

51.3

企業動向関連

38.1

48.6

48.1

52.0

59.0

雇用関連

36.1

46.1

45.0

61.8

59.8

2.1.2.回答構成比(全県)

回答構成比(全県)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.4%

10.8%

42.2%

34.3%

12.3%

平成25年3月

1.5%

24.3%

48.9%

19.0%

6.3%

平成25年6月

0.3%

26.6%

49.7%

18.2%

5.2%

平成25年9月

1.4%

21.3%

59.6%

12.6%

5.1%

平成25年12月

3.6%

32.1%

46.6%

13.4%

4.3%

2.1.3.主な判断コメント

  • コチョウラン等の高額商品の売れる数が増えている。特に建設業が伸びている(用途は新築祝い)。消費増税前の駆け込み需要で工場,病院等が多い。(小売業(生花店))
  • 消費税の駆け込み需要も影響して,コンパクトカーを中心に前年を1~2割延ばしている。(自動車販売店)
  • 米の相場も下落し,園芸ハウスの燃料も高騰が続き,農家収入は減少している。(農業関係者)
  • 原料インフレ・売価デフレ状態が持続している。(製造業(食料品))
  • 秋口後半から荷物の動きが思っていたよりも活発化している。新規引き合いもあり,在庫も潤沢である。(運輸業(道路貨物運送業))
  • 年末であるので,消費税問題も関係していると思うが,来年3月までの物件が,例年より多く,また,工事職人も不足がちである。(建設業)
  • 求人企業が徐々に増えてきた。(民間職業紹介業)

景気の現状判断DIの推移
景気の現状判断DIの推移グラフ

 

2.2.景気の先行き判断

2.2.1.景気の先行き判断DI(全県)

3か月先の景気の先行き判断DIは54.2となった。前回調査より3.0ポイント上昇し,横ばいを表す50を4期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(全県)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

40.7

54.9

52.9

51.2

54.2

家計動向関連

40.3

54.5

53.7

50.1

52.2

企業動向関連

42.2

56.6

53.1

50.9

56.3

雇用関連

37.5

50.0

45.0

61.8

60.9

2.2.2.回答構成比(全県)

回答構成比(全県)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.4%

9.0%

54.2%

26.0%

10.5%

平成25年3月

3.0%

35.8%

41.8%

16.4%

3.0%

平成25年6月

1.4%

28.3%

53.1%

14.7%

2.4%

平成25年9月

1.8%

28.9%

46.6%

17.7%

5.1%

平成25年12月

3.2%

32.5%

44.8%

16.6%

2.9%

2.2.3.主な判断コメント

  • 来年の消費税アップに伴い,特に高額品の需要や,まとめ買いが多くなると予測され一時的ではあるが,景気を押し上げるので良くなっていると思われる。(専門スーパー)
  • 自動車の場合,消費税は登録日が起算となるため,3か月後の契約は消費税が増税される可能性が高く,販売は落ち込むと予想される。(自動車販売店)
  • 消費税の上昇はかなり響くと思う。財布の紐が固くなる。(寿司店)
  • 大手の発表で業績が上向いているものが多いせいか,直接の取引量も11月から増えている。(製造業(食料品))
  • 主力大手自動車メーカーの3か月インフォーメーションでは,輸出を中心に好調な生産を維持できる見通しから,発注量も高水準になる予定。今後の能力増強のための設備投資を検討する予定。(製造業(非鉄金属))
  • 運送業と派遣業の求人募集広告がやや増えてきている傾向にあるので,徐々に景気回復の流れがあるのではないかと思う。(求人広告)

景気の先行き判断DIの推移
景気の先行き判断DIの推移グラフ

 

目次に戻る

 3.地域別の動向

 3.1.景気の現状判断

3.1.1.県北地域

3.1.1.1.景気の現状判断DI(県北地域)

景気の現状判断DIは56.4となった。前回調査より8.7ポイント上昇し,横ばいを表す50を9期ぶりに上回った。

景気の現状判断DI(県北地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

33.9

44.5

42.1

47.7

56.4

家計動向関連

32.4

45.7

43.4

42.4

50.7

企業動向関連

35.5

43.1

42.1

55.3

67.6

雇用関連

41.7

41.7

31.3

58.3

56.3

3.1.1.2.回答構成比(県北地域)
回答構成比(県北地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.0%

12.5%

32.1%

33.9%

21.4%

平成25年3月

4.0%

18.0%

42.0%

24.0%

12.0%

平成25年6月

0.0%

15.8%

50.9%

19.3%

14.0%

平成25年9月

1.8%

18.2%

58.2%

12.7%

9.1%

平成25年12月

7.3%

30.9%

45.5%

12.7%

3.6%

3.1.1.3.主な判断コメント(県北地域)
  • 客単価・一点単価が上昇している。ボリューム品(量目)は少ない傾向になっているが,みかん・りんごなど高品質で美味しい商品が売れている。(スーパー)
  • 住宅業界においては消費増税決定に伴う駆け込み需要があった。(不動産業)
  • 今年の納期の仕事の受付は無理だという同業者が出てきた。(製造業(精密機械))
  • 高校生の就職状況が良く,当校への応募者数が減っている。(学校関係者)

3.1.2.県央地域

3.1.2.1.景気の現状判断DI(県央地域)

景気の現状判断DIは49.6となった。前回調査より3.3ポイント低下し,横ばいを表す50を4期ぶりに下回った。

景気の現状判断DI(県央地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

38.9

50.5

50.4

52.9

49.6

家計動向関連

40.4

52.2

51.4

51.9

50.7

企業動向関連

35.3

47.1

48.5

51.5

46.9

雇用関連

41.7

50.0

50.0

68.8

50.0

3.1.2.2.回答構成比(県央地域)
回答構成比(県央地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.0%

11.1%

42.6%

37.0%

9.3%

平成25年3月

0.0%

33.3%

42.6%

16.7%

7.4%

平成25年6月

0.0%

31.0%

41.4%

25.9%

1.7%

平成25年9月

1.7%

23.3%

61.7%

11.7%

1.7%

平成25年12月

0.0%

26.3%

50.9%

17.5%

5.3%

3.1.2.3.主な判断コメント(県央地域)
  • 慎重にお買い物をする流れは変わっていない。ただ,高額品でもこれは…という品については,購入していく方は少し増えたような気がする。(スーパー)
  • エリアの話題性に乏しく,団体客が減少傾向にあり個人客についても旅行シーズンとしては弱含みのような気がする(富士山,美保の松原,伊勢式年遷宮などの影響か)。(観光型ホテル)
  • 仕事の量は以前より高い稼働率を維持している。単価も緩やかに上昇してきている。(製造業(金属製品))
  • 緩やかだが,求人件数・新規求人件数・募集人数が伸びている。(求人開拓員)

3.1.3.鹿行地域

3.1.3.1.景気の現状判断DI(鹿行地域)

景気の現状判断DIは57.7となった。前回調査より10.8ポイント上昇し,横ばいを表す50を2期ぶりに上回った。

景気の現状判断DI(鹿行地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

39.7

47.3

52.2

46.9

57.7

家計動向関連

36.5

45.8

53.4

45.9

55.0

企業動向関連

51.8

48.3

46.9

46.4

63.3

雇用関連

30.0

55.0

60.0

55.0

60.0

3.1.3.2.回答構成比(鹿行地域)
回答構成比(鹿行地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.0%

12.5%

41.1%

39.3%

7.1%

平成25年3月

0.0%

17.9%

57.1%

21.4%

3.6%

平成25年6月

0.0%

31.0%

48.3%

19.0%

1.7%

平成25年9月

0.0%

10.7%

71.4%

12.5%

5.4%

平成25年12月

3.6%

30.9%

58.2%

7.3%

0.0%

3.1.3.3.主な判断コメント(鹿行地域)
  • 仕入価格が上昇していて,売上げは対前年比で同程度または微増するも,粗利が圧迫を受け,利益が減少する傾向にある。(商店街代表者)
  • エコポイント・地デジ移行の影響で悪かったテレビの販売台数が戻って来つつある。(家電販売店)
  • 需要は安定してきているが,原燃料が高止まっているため収益が伸びない。価格転嫁はほぼ難しい状況。(製造業(化学工業))
  • 現在,建物を建築中だが,鉄骨の一部部品が注文しても納期どおりでなく,たいぶ不足しているとのこと。左官工,鉄筋工などがだいぶ忙しいようだ。(不動産業)

3.1.4.県南地域

3.1.4.1.景気の現状判断DI(県南地域)

景気の現状判断DIは60.1となった。前回調査より6.2ポイント上昇し,横ばいを表す50を4期連続で上回った。

景気の現状判断DI(県南地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

41.0

56.1

50.5

53.9

60.1

家計動向関連

44.5

57.3

52.2

53.3

56.5

企業動向関連

37.5

58.3

48.6

52.8

66.2

雇用関連

25.0

37.5

41.7

66.7

62.5

3.1.4.2.回答構成比(県南地域)
回答構成比(県南地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.0%

7.5%

56.6%

28.3%

7.5%

平成25年3月

3.8%

32.1%

49.1%

15.1%

0.0%

平成25年6月

0.0%

23.6%

58.2%

14.5%

3.6%

平成25年9月

3.9%

27.5%

52.9%

11.8%

3.9%

平成25年12月

5.8%

42.3%

40.4%

9.6%

1.9%

3.1.4.3.主な判断コメント(県南地域)
  • 以前より企業関係者の乗車が増加傾向にある。また,夜間の中長距離客も同様の傾向である。(タクシー運転手)
  • 受注も順調に推移し,一部品薄の製品もある。(製造業(窯業・土石製品))
  • 需要が増えてきているため,営業の受注率が上がっている。(人材派遣業)

3.1.5.県西地域

3.1.5.1.景気の現状判断DI(県西地域)

景気の現状判断DIは48.7となった。前回調査より1.8ポイント低下し,横ばいを表す50を3期ぶりに下回った。

景気の現状判断DI(県西地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

37.5

45.9

53.0

50.5

48.7

家計動向関連

38.9

46.1

54.4

47.7

44.3

企業動向関連

33.3

46.1

53.8

52.6

51.4

雇用関連

43.8

43.8

37.5

62.5

70.0

3.1.5.2.回答構成比(県西地域)
回答構成比(県西地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

1.7%

10.3%

39.7%

32.8%

15.5%

平成25年3月

0.0%

20.0%

52.7%

18.2%

9.1%

平成25年6月

1.7%

31.0%

50.0%

12.1%

5.2%

平成25年9月

0.0%

27.3%

52.7%

14.5%

5.5%

平成25年12月

1.7%

31.0%

37.9%

19.0%

10.3%

3.1.5.3.主な判断コメント(県西地域)
  • 人の動きが活発化している。設備投資をしている企業が多くなってきている。(ビジネスホテル)
  • 売店などの購買意欲が高まっている。会員権販売も好調。(ゴルフ場)
  • 建築関連の業種や製造業を主に受注増加傾向にあり,以前よりは活発化している兆しがある。(金融業)

地域別現状判断DIの推移
地域別現状判断DIの推移グラフ

 

目次に戻る

3.2.景気の先行き判断

3.2.1.県北地域

3.2.1.1.景気の先行き判断DI(県北地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは50.9となった。前回調査より0.9ポイント上昇し,横ばいを表す50を2期ぶりに上回った。

景気の先行き判断DI(県北地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

38.8

52.0

54.4

50.0

50.9

家計動向関連

39.0

51.7

55.1

46.2

45.6

企業動向関連

40.8

52.8

59.2

55.3

58.8

雇用関連

25.0

50.0

25.0

58.3

62.5

3.2.1.2.回答構成比(県北地域)
回答構成比(県北地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.0%

7.1%

57.1%

19.6%

16.1%

平成25年3月

4.0%

34.0%

32.0%

26.0%

4.0%

平成25年6月

0.0%

36.8%

49.1%

8.8%

5.3%

平成25年9月

1.8%

27.3%

49.1%

12.7%

9.1%

平成25年12月

1.8%

36.4%

30.9%

25.5%

5.5%

3.2.1.3.主な判断コメント(県北地域)
  • 増税前の高額商品購入と,デイリー商品(化粧品等)の買いだめが発生すると考えられ,プラスになると判断した。(スーパー)
  • 消費税の問題等不安材料がある。(タクシー運転手)
  • 徐々に受注が増加しており,増産体制に追われ始めているため,今後の景気回復が見込めるようになってきた。(製造業(電気機械器具))
  • 3.2.2.県央地域
3.2.2.1.景気の先行き判断DI(県央地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは54.8となった。前回調査より4.0ポイント上昇し,横ばいを表す50を4期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(県央地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

41.2

58.8

53.9

50.8

54.8

家計動向関連

40.4

58.1

54.7

51.9

56.3

企業動向関連

45.6

63.2

51.5

47.1

51.6

雇用関連

25.0

41.7

56.3

56.3

55.0

3.2.2.2.回答構成比(県央地域)
回答構成比(県央地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.0%

11.1%

48.1%

35.2%

5.6%

平成25年3月

5.6%

42.6%

33.3%

18.5%

0.0%

平成25年6月

3.4%

27.6%

51.7%

15.5%

1.7%

平成25年9月

1.7%

23.3%

56.7%

13.3%

5.0%

平成25年12月

1.8%

28.1%

57.9%

12.3%

0.0%

3.2.2.3.主な判断コメント(県央地域)
  • 3月までは,駆け込み需要による購入増が見込めるのではと思う。(自動車販売店)
  • 駆け込み受注の反動が顕著。消費税増税もあり,しばらく悪い状況は続きそう。(住宅販売会社)
  • (燃料高騰が続き)冬期のいちごハウス農家や,花き農家は,暖房費増でさらに苦しくなる。(農業関係者)

3.2.3.鹿行地域

3.2.3.1.景気の先行き判断DI(鹿行地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは55.5となった。前回調査より4.2ポイント上昇し,横ばいを表す50を4期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(鹿行地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

39.7

52.2

51.3

51.3

55.5

家計動向関連

37.8

50.7

53.4

48.6

54.3

企業動向関連

42.9

53.3

46.9

55.4

56.7

雇用関連

45.0

60.0

50.0

60.0

60.0

3.2.3.2.回答構成比(鹿行地域)
回答構成比(鹿行地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.0%

5.4%

57.1%

28.6%

8.9%

平成25年3月

0.0%

30.4%

53.6%

10.7%

5.4%

平成25年6月

0.0%

24.1%

58.6%

15.5%

1.7%

平成25年9月

0.0%

32.1%

44.6%

19.6%

3.6%

平成25年12月

3.6%

36.4%

40.0%

18.2%

1.8%

3.2.3.3.主な判断コメント(鹿行地域)
  • 消費税増税前の駆け込み需要は間違いなくあるが,その後の落ち込みを考えると大きく良くなるとは考えられない。(コンビニエンスストア)
  • 予約推移も好調で,昨年同時期より予約数が多い。(ゴルフ場)
  • 消費税の引き上げ前の3月までは更に忙しさが続くと思われるが,稼働率は上がっても収益がそのまま連動しないので,それぞれの経営者の派遣料金の改定は厳しい限りだ。(人材派遣業)

3.2.4.県南地域

3.2.4.1.景気の先行き判断DI(県南地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは55.3となった。前回調査より4.8ポイント上昇し,横ばいを表す50を4期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(県南地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

43.9

59.0

53.2

50.5

55.3

家計動向関連

44.5

60.5

52.2

51.7

54.0

企業動向関連

44.4

58.3

56.9

47.2

58.8

雇用関連

33.3

50.0

41.7

58.3

50.0

3.2.4.2.回答構成比(県南地域)
回答構成比(県南地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

0.0%

7.5%

67.9%

17.0%

7.5%

平成25年3月

3.8%

43.4%

39.6%

11.3%

1.9%

平成25年6月

1.8%

25.5%

56.4%

16.4%

0.0%

平成25年9月

2.0%

33.3%

33.3%

27.5%

3.9%

平成25年12月

1.9%

34.6%

48.1%

13.5%

1.9%

3.2.4.3.主な判断コメント(県南地域)
  • 消費税増税前に,駆け込み需要があると思う。(小売業(酒類))
  • 消費税の絡みもあって,良くなるとは思えない。財布の紐は固くなると思う。大企業から末端の理容業界まで景気が良くなってくるのはまだまだ先の話だと思う。(理・美容店)
  • 平成26年3月頃は,例年のトレンドで業績は上向くと予想するものの,正規雇用(特に正社員採用)の募集が増えていない現状を考えると,上向きになる要素は感じられない。(求人広告)

3.2.5.県西地域

3.2.5.1.景気の先行き判断DI(県西地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは54.3となった。前回調査より1.1ポイント上昇し,横ばいを表す50を4期連続で上回った。

景気の先行き判断DI(県西地域)
分野 平成24年
12月
平成25年
3月
平成25年
6月
平成25年
9月
平成25年
12月
合計

40.1

52.3

51.7

53.2

54.3

家計動向関連

40.3

51.6

52.9

52.3

50.7

企業動向関連

37.5

55.3

50.0

50.0

55.6

雇用関連

50.0

43.8

50.0

75.0

75.0

3.2.5.2.回答構成比(県西地域)
回答構成比(県西地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている
平成24年12月

1.7%

13.8%

41.4%

29.3%

13.8%

平成25年3月

1.8%

29.1%

49.1%

16.4%

3.6%

平成25年6月

1.7%

27.6%

50.0%

17.2%

3.4%

平成25年9月

3.6%

29.1%

47.3%

16.4%

3.6%

平成25年12月

6.9%

27.6%

46.6%

13.8%

5.2%

3.2.5.3.主な判断コメント(県西地域)
  • 期待感はあるが,実際にはどうなるか不安感の方が強い。(日本料理店)
  • 人気のあるゲーム機を増しても売り上げの底上げになっておらず,売り上げが回復する気配がない。(ゲームセンター)
  • 景気判断も引き上げになり,持ち直しているが,デフレ状況でなくなりつつある状況と,消費税引き上げも控えており,明るい材料がある反面,賃金や消費の面で依然として不安材料がある。(公共職業安定所)

地域別先行き判断DIの推移
地域別先行き判断DIの推移グラフ

 

目次に戻る

 4.調査結果報告書

茨城県景気ウォッチャー調査(平成25年12月調査分)(PDF:679キロバイト)

 

目次に戻る

 5.統計表

 

 

目次に戻る

ページの先頭に戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課企画分析

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2642

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?