ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2015年9月29日

茨城県の賃金・労働時間・雇用の動き(毎月勤労統計調査地方調査月報)-平成27年7月-

 平成27年9月29日掲載

【調査結果の概要】
きまって支給する給与

257,483円

対前年同月比

1.6%増

所定外労働時間

11.4時間

対前年同月比

20.0%減

常用労働者数

995,969人

対前年同月比

1.2%増

各指数の推移のグラフ

ここがポイント

  • 全国結果との比較
    • きまって支給する給与は,実数は全国を下回ったが,前年比は全国を1.2ポイント上回った。
    • 総実労働時間は,実数は全国を上回ったが,前年比は全国を2.0ポイント下回った。
    • 本月末労働者数の前年比は,全国と比べて0.8ポイント下回った。

 

平成27年7月分地方調査結果の概要

1.賃金

(1)規模5人以上

7月の現金給与総額は,調査産業計で355,761円,対前年同月比(名目賃金指数)は5.1%増で3か月ぶりに前年同月を上回った。現金給与総額のうち,きまって支給する給与は257,483円,対前年同月比(名目賃金指数)は1.6%増で3か月ぶりに前年同月を上回った。特別に支払われた給与は,98,278円であった。

(2)規模30人以上

7月の現金給与総額は,調査産業計で399,496円,対前年同月比(名目賃金指数)は5.4%増で3か月ぶりに前年同月を上回った。現金給与総額のうち,きまって支給する給与は281,078円,対前年同月比(名目賃金指数)は3.0%増で7か月連続前年同月を上回った。特別に支払われた給与は,118,418円であった。

2.労働時間

(1)規模5人以上

7月の総実労働時間は,調査産業計で152.6時間,対前年同月比(労働時間指数)は2.3%減で9か月連続前年同月を下回った。総実労働時間のうち,所定内労働時間は141.2時間,対前年同月比(労働時間指数)は0.6%減で3か月連続前年同月を下回った。所定外労働時間は11.4時間,対前年同月比(労働時間指数)は20.0%減で7か月連続前年同月を下回った。
出勤日数は,調査産業計で19.7日,対前年同月差は0.2日減で3か月連続前年同月を下回った。

(2)規模30人以上

7月の総実労働時間は,調査産業計で158.6時間,対前年同月比(労働時間指数)は1.6%減で6か月連続前年同月を下回った。総実労働時間のうち,所定内労働時間は144.6時間,対前年同月比(労働時間指数)は0.1%増で3か月ぶりに前年同月を上回った。所定外労働時間は14.0時間,対前年同月比(労働時間指数)は16.5%減で13か月連続前年同月を下回った。
出勤日数は,調査産業計で19.9日,対前年同月差は0.1日減で3か月連続前年同月を下回った。

3.雇用

(1)規模5人以上

7月末の常用労働者数は,調査産業計で995,969人,対前年同月比(常用雇用指数)は1.2%増で7か月連続前年同月を上回った。パートタイム労働者比率は30.7%であった。
入職率は1.48%,離職率は1.29%であった。

(2)規模30人以上

7月末の常用労働者数は,調査産業計で583,451人,対前年同月比(常用雇用指数)は1.8%増で3か月連続前年同月を上回った。パートタイム労働者比率は26.1%であった。
入職率は1.57%,離職率は1.43%であった。

 

利用上の注意

事業所規模30人以上の事業所は,約3年毎に調査対象事業所の抽出替えを行っており,平成27年1月分の調査から現在の事業所を対象に調査を実施しております。
この抽出替えにより,新旧の調査対象事業所が入れ替わったことによる調査結果のギャップが生じ,これを調整するための処理を行っています。よって,平成26年12月以前の公表内容と平成27年1月以降の公表内容とは連動していません。
なお,すでに公表した実数については修正しないため,時系列比較は指数により行って下さい。指数の基準は平成22年平均を100としております。

このページの先頭に戻る

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課人口労働

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2649

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?