茨城県

申請による運転免許の取消手続


身体機能の低下等で運転免許を取消したい場合

加齢や病気等で身体機能の低下により、保有している運転免許の有効期間内に、その運転免許の全部又は一部を申請によって取り消すことができます。
申請は、取り消すことの意志を確認する必要があるため、免許を受けた本人のみとなりますが、一定の要件を満たせば代理人による申請も可能となります。
また、次に該当する方は申請できません。

平成28年4月17日(日曜日)からは、運転免許センターに限り、日曜日(祝日、年末年始を除く)でも申請できます。

申請場所・受付日時

平日

運転免許センター又は茨城県内の警察署

月曜日から金曜日8時30分〜11時、13時〜16時30分
(土曜日、祝日、休日及び12月29日から翌年1月3日までの日を除く)
※申請書類作成に時間を要しますので余裕を持ってお越しください。
※申請後約1時間で運転経歴証明書は交付になりますが、混み具合によって変動する場合がありますのでご了承ください。

日曜日

運転免許センター(警察署での申請はできません。)

日曜日の午前10時30分から午後0時まで、午後2時30分から午後4時まで
(平日とは受付時間が異なります。)

(※)国民の祝日(国民の祝日が日曜日に当たるときは、その翌日)、土曜日及び年末年始の休日となる日は行いません。

手続に必要なもの(平日、日曜日共通)

本人が申請する場合

代理人が申請する場合

【代理人が申請する際の注意】

運転経歴証明書の申請・交付

運転経歴証明書は、申請による運転免許証の取消しにより運転免許証の全部を取り消された方が、取り消された日から5年以内に申請することができます。

運転経歴証明書は、身分証明書として使用することができます。ただし、平成24年4月1日以前にすでに交付を受け、交付後6か月を経過している場合で、金融機関において使用するときは再交付申請が必要となります。

また、運転経歴証明書は住所又は氏名の記載事項の変更届、紛失等による再交付申請ができます。

申請場所・受付日時

運転免許を取り消したい場合と同じになります。ただし、代理人による申請はできません。

運転免許センターでは即日交付になりますが、警察署では、免許の取消しと同時申請又は、運転経歴証明書を所持している再交付のみ即日交付となり、その他の場合は、申請後1週間程度必要となります。

手続に必要なもの

  1. 運転経歴証明書(再交付申請をする場合(ただし、紛失等でない場合を除く。))
  2. 交付又は再交付手数料1,000円
  3. 申請用写真及び身分を確認するための書類(経歴書の再交付をする場合)
    マイナンバーカード、健康保険証、パスポート等
  4. 記載事項を変更する場合は、以下のいずれかの証明書類が必要となります。
    ・本籍、氏名又は生年月日を変更する場合は、本籍が記載された住民票(※1)
    ・住所を変更される場合は、マイナンバーカード、住民票(※1)、新住所の健康保険証、官公庁が発行した郵便物等、住所が確認できる公共料金領収書等、外国籍の方は在留カード等
    次のものは、認められない書類です。
    □マイナンバー制度施行時の「通知カード」
    □消印のない手書きのハガキ等(年賀状含む)
    □宅配物の送り状等
    □カタカナ書きの郵便物(免許記載事項の漢字入力ができないため)
    □転送された郵便物

(※1)住民票については、マイナンバーの記載がないか、マスキングされたものに限ります。

(※2)申請時に、外国籍の方は、パスポート、在留カードのいずれかを確認させていただきます。

その他


お問い合わせ

茨城県警察運転免許センター
茨城県東茨城郡茨城町長岡3783-3
電話 029-293-8811


茨城県庁 〒310-8555 水戸市笠原町978番6
電話 029-301-1111(代表)
法人番号 2000020080004



Copyright© Ibaraki Prefectural Government.All right reserved.

 


茨城県トップページ