茨城県

暴力団犯罪の根絶と地域・職域からの暴力団排除活動の推進


指定暴力団は、全国に24団体存在し、茨城県内でもこの24団体の中に、茨城県公安委員会が指定する「関東関根組」という組織があります。

また、県内の組織別勢力としては、多い順に、松葉会、住吉会、六代目山口組、関東関根組と把握しておりますが、このような、暴力団を社会から排除するためには、日頃から関係法令に対する知識を高めることが肝要であり、その一例として、指定暴力団員に対してのみ適用される暴対法の効果的運用(中止命令の発出)等があります。

次に、被害を受けた場合ですが、その場合は、ひとりで悩むことなく、すぐに最寄りの警察署や茨城県暴力追放推進センター(略称、暴追センター)に相談することが一番の解決策です。

相談を受けた警察、暴追センターは、犯人の検挙、中止命令の発出など様々な手法や関係機関が連携して対応すると共に、被害者の保護対策にも万全を期します。その他、各種職域から暴力団を排除する方策として、契約約款等に「暴力団排除条項」を導入するという方法があります。

暴力団排除条項とは、契約書、契約約款等に盛り込まれた暴力団を排除するための条項のことで、暴力団との取引を拒絶したり、取引開始後に相手が暴力団等であることが判明した場合に契約を解除できる条項のことですが、これを導入すれば、暴力団の進出を未然に防ぐ抑止効果が生まれますので、是非、契約書や取引約款内に「暴力団排除条項」を導入してください。

県民総ぐるみで、暴力団を
「恐れない」「金を出さない」「利用しない」「交際しない」
という暴力団追放の基本理念を実践し、地域・職域から暴力団を排除し、暴力団犯罪を根絶しましょう。


お問い合わせ

茨城県警察本部県民安心センター
茨城県水戸市笠原町978番6
電話029-301-0110


茨城県庁 〒310-8555 水戸市笠原町978番6
電話 029-301-1111(代表)
法人番号 2000020080004



Copyright© Ibaraki Prefectural Government.All right reserved.

 


茨城県トップページ