茨城県

降雪・凍結道路による交通事故防止


新年を迎え、冷え込みもいっそう厳しくなりました。この時期は降雪や路面凍結によるスリップ事故が多発します。交通事故を防止するため、次の点に注意して安全運転をお願いします。

冬用のタイヤ交換やタイヤチェーンの確認

ドライバーの皆さん、車の冬支度はお済みですか。いざという時に、慌てないよう早めに冬用のタイヤへの交換やタイヤチェーンの確認をしましょう。

速度は控えめに

凍結した道路では、乾燥した道路と同じように停止することはできません。安全な速度で十分な車間距離をとりましょう。
急ブレーキや急ハンドル等「急」のつく運転をするとスリップ事故につながります。冬道を運転するときは、スピードを十分に落とし、車間距離をいつもより多めにとり、より慎重な運転をお願いします。

危険を把握した運転を

どんな場所が危険なのか把握することが大事です。カーブ、坂道、日陰、トンネルの出入り口は雪が降らなくても凍結の恐れがあります。特に、橋の上は凍結しやすくなっていますので、十分な注意が必要です。また、雨が降った日は、濡れた路面が深夜から早朝にかけて凍結する危険性が高くなりますので注意しましょう。歩行者や自転車利用者を見かけたら、徐行する等不意な動きにも対応できるよう先を読んだ運転をお願いします。

朝の通勤、通学時間帯は焦りや急ぐ気持ちが交通事故につながります。気象情報や道路交通情報を事前にチェックし、時間にゆとりを持って慎重に運転して下さい。


お問い合わせ

茨城県警察本部県民安心センター
茨城県水戸市笠原町978番6
電話029-301-0110


茨城県庁 〒310-8555 水戸市笠原町978番6
電話 029-301-1111(代表)
法人番号 2000020080004



Copyright© Ibaraki Prefectural Government.All right reserved.

 


茨城県トップページ