茨城県

不法就労・不法滞在外国人の情報提供を


法務省の統計によれば、平成28年中に出入国管理及び難民認定法違反により退去強制手続が執られた外国人は、全国で1万3,361人と増加傾向にあります。特に茨城県は、平成27、28年中、平成29年上半期中における外国人の不法就労者数が全国最多であるとされ、技能実習生の失踪事案や不法滞在者による凶悪事件も後を絶たない状況にあります。

茨城県警察では、平成29年11月末までに、353人の不法滞在者を検挙していますが、県内には依然として多くの不法就労・不法滞在外国人がいるものと思われます。
足もとに注意!

不法滞在者は、その多くが不法に就労し、それ自体が入管法違反に当たる上、その陰には生業として彼らを雇用・あっせんする者も存在します。

このように不法就労・不法滞在は、他の犯罪の温床になり得ることから、これらを確実に根絶していく必要があります。

また、「人手が足りないので短期間なら大丈夫だろう。」と安易に、不法滞在者を雇ってしまえば、不法就労助長罪として、3年以下の懲役、300万円以下の罰金を科せられることがあります。外国人が不法滞在者であることを知らなかったとしても、在留カードを確認していない場合には、処罰を免れません。

警察では、悪質ブローカー等や不法就労者への生活インフラ提供者に照準を合わせ、被疑者検挙や犯罪収益の剥奪を進めるとともに、法務省入国管理局と連携して、不法就労・不法滞在外国人の一掃に向けた取組を推進しています。

警察では、不法就労・不法滞在に係る情報の提供を求めています。

こんな様子を見たり聞いた時は、最寄りの警察署や交番・駐在所まで御連絡をお願いします。
なお、通報された方の秘密は固く守ります。


お問い合わせ

茨城県警察本部県民安心センター
茨城県水戸市笠原町978番6
電話029-301-0110


茨城県庁 〒310-8555 水戸市笠原町978番6
電話 029-301-1111(代表)
法人番号 2000020080004



Copyright© Ibaraki Prefectural Government.All right reserved.

 


茨城県トップページ