茨城県

薄暮時間帯及び夜間の交通事故防止


薄暮時はドライバーだけではなく歩行者、自転車の方も注意が必要です。

日に日に秋の色が濃くなり、夕焼けが美しい季節となりましたが、実はこの時間帯こそ、1日のうちで最も交通事故が発生しやすい時間帯なのです。
夕方は、交通量が増えることに加え、車や人影がぼんやりと見えにくくなるため、多くの危険が混在する時間帯となります。日没が早まるこの季節、次のことに注意して交通事故を防ぎましょう。

ドライバーの皆さん、ライトの早め点灯を心がけていますか。

夕暮れ時、「まだ、明るいから」とライトを点灯していないドライバーが多いようです。実際には、昼間より見えにくく、歩行者や自転車等を見落としやすい状態になっています。ドライバーの皆さんは、早めにライトを点灯し、ライトの上下切り替えをこまめにお願いします。歩行者を早く発見するために、対向してくる車や前方を走る車がない時は、ライトは上向きで走行しましょう。

歩行者や自転車利用の皆さん、車のライトは明るく見えていても、ドライバーからあなたの姿は見えていません。夜間の外出には、ドライバーから見えやすいよう、服装などの工夫が大切です。白や黄色の明るい目立つ服装や反射材を活用するなど「自分の姿を見せる」工夫をお願いします。

反射材を身に付ければ、暗い夜道でも車のライトを反射して、より遠くから自分の姿をアピールして交通事故を防止することができます。

薄暮時から夜間は、人も車もお互いがよく見えていないことを理解して行動しましょう。


お問い合わせ

茨城県警察本部県民安心センター
茨城県水戸市笠原町978番6
電話029-301-0110


茨城県庁 〒310-8555 水戸市笠原町978番6
電話 029-301-1111(代表)
法人番号 2000020080004



Copyright© Ibaraki Prefectural Government.All right reserved.

 


茨城県トップページ