茨城県

防災意識を高めましょう


平成30年12月、茨城県では約20年ぶりに茨城県地震被害想定を見直し、県内で発生が予想される7つの地震と、それぞれの地震発生時における被害想定が発表されました。
また、政府の地震調査研究推進本部がまとめた報告書によれば、茨城県沖において今後30年以内にマグニチュード7.0〜7.5の地震発生確率は80%と予測されており、いつ大地震が発生してもおかしくない状態です。
さらに、近年では全国各地において記録的、局地的豪雨により甚大な被害が発生しており、平成27年の関東・東北豪雨では本県も甚大な被害を受けました。
これらの自然現象を防ぐことは出来ませんが、下記のことを実践しつつ、普段から防災意識を高めることで、被害を最小限にすることができます。

情報入手の手段を確認

気象情報や避難解説は、テレビやラジオ、インターネット等を有効に活用して、最新の情報を確認しましょう。
なお、インターネット上には誤った情報やデマも存在することから、各省庁や自治体などのホームページ等で確認できるよう、事前にブックマークするなどしておきましょう。

早めの避難行動

自治体から避難情報が発表された際はもちろん、身に危険を感じたらその場から遠くに離れるなど、早め早めの避難を心掛けましょう。
ただし、無理に屋外へ避難することで危険が増す場合は、建物内の上階に避難する垂直避難に切り替えましょう。

家族間での事前確認

災害はいつ発生するか分かりません。いざという時に備えて、家族との連絡方法、避難場所、避難経路などを普段から家族全員で共有しておきましょう。また、話し合いは1回だけで終わりにすることなく、変更がなくても1年に1回は家族間で話し合うようにしましょう。

防災グッズの種類と点検

懐中電灯などの防災用品はもちろん、普段から服用している薬など、避難する際に必要な物は人によって違いますし、避難する人数等によって必要な数も違います。
また、一度買い揃えると満足してしまいがちですが、いざという時に使えなければ意味はありませんので、電池の取り替えや賞味期限の確認などを定期的に行いましょう。

 



お問い合わせ

茨城県警察本部県民安心センター
茨城県水戸市笠原町978番6
電話029-301-0110


茨城県庁 〒310-8555 水戸市笠原町978番6
電話 029-301-1111(代表)
法人番号 2000020080004



Copyright© Ibaraki Prefectural Government.All right reserved.

 


茨城県トップページ