茨城県

春の行楽期における安全対策


風薫る爽やかな季節には、行楽地やイベント会場などに多くの人出が予想されます。登山やハイキング、あるいはパラグライダー、水上オートバイといったレジャースポーツを計画している方もいるでしょう。
事故なく楽しい休日を過ごしていただくため、次のことに注意してください。

混雑している場所での心構え

人が集まる場所では、ちょっとした転倒や他の人を押したりする行為が原因で、大きな事故に繋がることがあります。お互い事故に遭わないため、譲り合いの気持ちをもって冷静な行動をとることが大切です。

水難の防止

海や川などへお出掛けの方もいると思いますが、この時期はボートの転覆、釣り人の転落など、水の事故が発生しています。

事前に現地の天候、地形、危険箇所、装備等をよく確認してお出掛けください。

また、県内の大洗町から神栖市の鹿島灘沿岸には、ヘッドランドという人工岬が設置されています。この周辺では、離岸流という岸から沖へ向かう強い流れが発生しやすく、浅瀬でも流される場合があります。大変危険ですので絶対に泳いだり、水遊びをしないでください。

山の事故防止

近年は中高年者による登山やハイキングが盛んです。登山知識の少なさや体力不足、軽装、技術の未熟さなどから遭難したり、道に迷ったり、崖から転落するといった事故が発生しています。

低い山に登るときでも、しっかりとした計画と、必要な装備を整えるなど、安全を確保して楽しんでください。

また、行き先を家族や職場の方に知らせておくとともに登山届を提出しましょう。視界不良、体調不良の時は早目に登山、ハイキングを中止しましょう。

レジャー・スポーツの事故防止

パラグライダー、水上オートバイなどを楽しむのに良い季節となります。

これらレジャー・スポーツは、自然が相手です。用具の安全点検を確実に行い、一人ひとりが基本ルールとマナーを守ることが大切です。

また、初心者に限らず、経験者による事故も発生しています。常に、危険と背中合わせのスポーツであることを忘れないでください。


お問い合わせ

茨城県警察本部県民安心センター
茨城県水戸市笠原町978番6
電話029-301-0110


茨城県庁 〒310-8555 水戸市笠原町978番6
電話 029-301-1111(代表)
法人番号 2000020080004



Copyright© Ibaraki Prefectural Government.All right reserved.

 


茨城県トップページ