ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県北地域 > 県北農林事務所林務部門 > 木造公共施設の整備や木製品の導入の支援について(森林湖沼環境税活用事業)

ここから本文です。

更新日:2018年3月14日

木造公共施設の整備や木製品の導入の支援について(森林湖沼環境税活用事業)

地域材の需要拡大を図ることは,間伐などの森林整備を促進し,県内における森林の有する公益的機能の高度発揮につながります。このため県では,県民が木に触れる機会を創出し,木の良さや木材利用の意義について普及啓発することを目的に,森林湖沼環境税を活用し,平成20年度から木造公共施設や木製品の整備への助成を行っています。
今年度は,管内の4つの施設に助成を行い,木の良さ等について広くPRすることができました。
県北農林事務所では,今後も木造公共施設の整備や木製品の導入を推進して参ります。

実施状況

高萩市「小滝沢キャンプ場トイレ」

高萩市「市庁舎内カウンター」

高萩市「小滝沢キャンプ場トイレ」

高萩市「市庁舎内カウンター」

池田保育園「幼児用木製テーブル・椅子」

北茨城市「木製机・椅子等」

池田保育園「幼児用木製テーブル・椅子」

北茨城市「木製机・椅子等」

 

事業の内容

  • 高萩市:小滝沢キャンプ場トイレの整備(高萩市大能)
  • 高萩市:市庁舎内カウンターの木質化(高萩市本町,平成28年度繰越事業)
  • 池田保育園:幼児用木製テーブル及び椅子等の導入(久慈郡大子町池田)
  • 北茨城市:市内小学生等への木製机・椅子等の導入(北茨城市,H22年度から実施)

利用者等の声

  • ヒノキの香りがする,明るく利用しやすい素敵なトイレだった。周囲の景観にも合っており,渓谷のせせらぎを聞きながら利用でき,癒されます。(利用者)
  • 木のカウンターができたおかげで,あたたかみが感じられる庁舎になった。(来庁者)
  • 新しい木のテーブルや椅子は座り心地が大変良く,温かみもあり,良い香りがするため,子供達は大変気に入っています。次に整備する時も,木製にしたいです。(事業実施主体)
  • 木の机と椅子は良いにおいでスベスベしていて気に入っています。(利用者)

 

このページに関するお問い合わせ

県北農林事務所林務部門林業振興課

茨城県常陸太田市山下町4119常陸太田合同庁舎内

電話番号:0294-80-3370

FAX番号:0294-80-3378

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?