ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県北地域 > 県北農林事務所企画調整部門 > 振興・環境室農業振興課 > 和牛の繁殖支援施設キャトル・ブリーディング・ステーションDaigoRanchが開所しました

ここから本文です。

更新日:2018年4月19日

和牛の繁殖支援施設キャトル・ブリーディング・ステーションDaigoRanchが開所しました

4月10日,桜が咲き誇り澄んだ青空が広がるなか,大子町高柴の「大子ふれあい牧場」内で,キャトル・ブリーディング・ステーションDaigoRanchの開所披露会が開催されました。

この施設は,農家から母牛を預かり種付け・妊娠させ,農家に母牛を戻すことで,農家の規模拡大や労力軽減による繁殖雌牛の増頭,さらに研修など担い手育成を図ることを目的としています。

大子町和牛繁殖活性化クラスター協議会で大子畜協,大子町,県畜連,農研機構,県などが連携して地域の課題を検討する中で,平成28年から本施設の整備構想が本格化し,株式会社大子町アグリネットワークが取組主体となって,国の畜産クラスター事業を活用して完成しました。

開所式には,綿引大子町長,鈴木町議会議長,石井県議会議員,西野県議会議員,櫛田茨城県農林水産部長,地域の農家さんをはじめ80人以上の方々が出席し,施設のスタートをお祝いしました。

これから,繁殖和牛農家の皆さんに活用され,目的を果たし,モデル事例として茨城県の繁殖和牛経営を牽引されることが期待されています。

茨城県では平成28年に畜産関係機関と連携し,和牛生産拡大にむけたグランドデザイン行動計画を策定しており,本施設もその取組の一つとして位置づけ,積極的に支援をして参ります。

 

パンフレット(PDF:2,520KB)

 

キャトル・ブリーディング・ステーションDaigoRanch

写真

開所披露会の式典の様子

開所披露会の式典の様子

主催者と来賓によるテープカット

主催者と来賓によるテープカット

施設案内と説明

施設案内と説明施設案内と説明

監視カメラ(養牛カメラ)とリアルタイム計測式歩数計(牛歩ライト)

監視カメラ(養牛カメラ)とリアルタイム計測式歩数計(牛歩ライト)

早期離乳の説明

早期離乳の説明

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県北農林事務所振興・環境室農業振興課

茨城県常陸太田市山下町4119常陸太田合同庁舎内

電話番号:0294-80-3303

FAX番号:0294-80-3304

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?