ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県北地域 > 県北農林事務所企画調整部門 > 振興・環境室農業振興課 > 常陸大宮市,大子町,常陸太田市の切り枝を銘柄推進産地に指定しました!~県内初!枝物多品目産地指定~

ここから本文です。

更新日:2018年8月15日

常陸大宮市,大子町,常陸太田市の切り枝を銘柄推進産地に指定しました!~県内初!枝物多品目産地指定~

切り枝(花桃,サンゴミズキ,ドラゴンヤナギ等の枝物)は,常陸大宮市,大子町,常陸太田市の3市町にまたがる広域で栽培されています。JA常陸大宮地区枝物部会が花桃,サンゴミズキ,ドラゴンヤナギ等約250種類の品目を少量から大量発注まで多様な実需者ニーズに対応し,年間をとおして出荷しています。

県の花き振興対策事業実施要領の運用の一部改正により,従来の単一品目産地に加え,新たに枝物多品目産地が銘柄産地等の指定をうけることが可能になりました。

この度,県内初となる枝物多品目産地として,常陸大宮市,大子町,常陸太田市の切り枝を7月30日,銘柄推進産地に指定しました。

産地では,市町,JA常陸,全農,県,生産者で,連携して産地指導や販売促進等を推進していくために,7月19日に奥久慈の枝物銘柄推進協議会を設立しました。今後は,部会と協議会で連携し,地域一丸となって産地支援を行い,来年度の銘柄産地指定を目指します。

「JA常陸大宮地区枝物部会」とは

少量から大量発注まで多様な実需者ニーズに対応できる枝物産地を目指し,平成17年に発足しました。部会設立時の目標「100人,100ha,1億円」を達成するために取り組んでおり,現在部会員数109名,栽培面積45.8ha,販売金額9,216万円(H29)と設立以降右肩上がりで伸びています。

また,耕作放棄地や遊休農地を活用することにより,農地の保全を行うとともに,農業所得の確保を図り,中山間地域の活性化に取り組んでいます。

奥久慈の枝物銘柄推進協議会設立総会

奥久慈の枝物銘柄推進協議会設立総会(7月19日)

季節の枝物を使用した生け込み

季節の枝物を使用した生け込み(夏ハゼ等)

このページに関するお問い合わせ

県北農林事務所振興・環境室農業振興課

茨城県常陸太田市山下町4119常陸太田合同庁舎内

電話番号:0294-80-3303

FAX番号:0294-80-3304

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?