ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 水産業 > 霞ケ浦北浦水産事務所 > 水産業体験教室(平成26年11月12日)

ここから本文です。

行方市玉造小学校の児童を対象に水産業体験教室が開催されました!

水産教室263-1帆引き船

平成26年11月12日水曜日,行方市の玉造小学校(5年生)の児童115名を対象に,行方市漁業振興協議会主催の

水産業体験教室が行われました。

当日は,前日の天気予報にもかかわらずくもり時々雨となってしまいましたが,タイミングよく児童達は無事に

見学船に乗船し,定置網漁,帆引き網漁を見学することが出来ました!子供達も楽しみにしていたようで,漁見学

の実施を告げられると,大きな歓声が上がっていました。

当水産事務所では,体験学習に通じて必要な知識として,霞ヶ浦北浦の魚の種類や漁法についてわかりやすく説

明しました。漁見学後,当日獲れた魚の見学が行われ,子供たちはさっそく学んだ知識を生かして何種類もの魚

を区別していました。

以下が当水産事務所で子供たちに配布した資料です。

霞ヶ浦北浦のさかなたち[下敷き](PDF:313キロバイト)

また,昼食には霞ヶ浦漁業協同組合によって,バイキング形式で養殖のアメリカナマズやエビの唐揚げ,ワカサギ

の佃煮,エビのかき揚げなど,湖産水産物の料理が振る舞われました!

子供達もおいしい料理に大変満足したようで,おかわりに何度も何度も足を運ぶ姿も見られました。

特にアメリカナマズとワカサギの唐揚げは大人気で,すぐになくなってしまったようです。

昼食後も水産教室は続き,(独)水資源機構による「霞ヶ浦の水の利用について」の授業や,「キッチンが走

る」上映,女性農業士による行方野菜クイズなどが行われました。

水産教室263-2当水産事務所による講義

当水産事務所による講義の様子。子供達も熱心に聞いています。

 

水産教室263-3帆引き網漁見学船乗船

見学船の乗船する子供たち。

 

水産教室263-4帆引き網漁見学

帆引き網漁見学。

 

 

水産教室263-5子供達に手を振る漁師さん

 

子供たちに手を振る漁師さん。

 

水産教室263-6当日捕れた魚を見て嬉しそうな子供達

当日獲れた魚をつかんで嬉しそうな児童。

 

水産教室263-7昼食バイキングの様子

昼食バイキングの様子。

水産業体験教室ってなに?

水産業体験教室は,行方市漁業振興協議会(会長:鈴木周也行方市長)が主催する,漁業について体験型の学習

です。子供達に漁業への興味,感心を持ってもらい,霞ヶ浦北浦をより身近なものとして感じてもらえるよう,漁

師との交流の場として開催されています。

10月8日,10月22日に開催され,どちらも大変好評でした。

今回の参加団体

主催:漁業振興協議会(会長:鈴木周也行方市長)

霞ヶ浦漁業協同組合

霞ヶ浦漁業協同組合 組合員の皆様

霞ヶ浦漁業協同組合 組合員の皆様

行方市経済部長

行方市経済部農林水産課

(独)水資源機構

女性農業士の皆様

このページのトップへ戻る

トップページに戻る