ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 水産業 > 霞ケ浦北浦水産事務所 > ワカサギの人工ふ化が始まりました!

ここから本文です。

ワカサギの人工ふ化が始まりました! 

ワカサギの人工ふ化ってなに?

現在の霞ヶ浦北浦では,昔に比べてワカサギが増えにくい環境になっています。人の手で卵をとってふ化させる「人工ふ化」を行い,ワカサギを増やすための努力をしています。

今年も特別に設置した張網でとったワカサギ親魚を用いて,2月12日(木曜日)から人工ふ化を行っています。

ワカサギの人工ふ化の作業の様子

漁業者がワカサギをとってきました。

漁業者が船溜に戻る

ワカサギのオスとメス,未熟魚を選別します。

ワカサギの選別

メスから卵を,オスから精子をしぼり,受精させます。

ワカサギの卵を受精させる

受精させた卵をシュロわくに塗るようにつけます。

受精させた卵をシュロわくにつける

シュロわくを束ねます。

シュロわくを束ねる

ほかの魚に食べられないように網で囲いをしたいけすにいれ,ふ化を待ちます。

いけすにシュロわくを入れ,ふ化を待つ

 

このページのトップに戻る