ここから本文です。

シラウオ

霞ヶ浦北浦のシラウオは,主に汽水域に生息するサケ目シラウオ科の魚です。霞ヶ浦北浦はかつては汽水湖でしたが,利根川河口に水門ができたことにより,淡水湖となりました。霞ヶ浦北浦が淡水化しても,シラウオはそうした環境の変化に順応して生き続けてきました。

解禁時のシラウオ

解禁直後(7月下旬)のシラウオ

寒曳きのシラウオ

寒曳きのシラウオ

シラス?シラウオ?

シラウオは,霞ヶ浦北浦ではシラスと呼ばれていますが,スーパーなどで販売されているシラス干しの原料とは異なります。シラス干しの原料はカタクチイワシやマイワシの仔魚なので,成長するとカタクチイワシになりますが,シラウオは同じ形のまま大きくなります。また,シラウオは,海水域に生息するイシカワシラウオとは別種です。

7月21日のトロール解禁時の体長は4センチほどですが,12月頃には10センチほどに成長します。また,平成28年の霞ヶ浦北浦におけるシラウオの漁獲量は159トンで全国第2位です。(農林水産統計年報)

シラウオについては,水産試験場内水面支場の「いばらき魚顔帳」もご覧ください。

シラウオ料理

シラウオは,淡水魚ながらクセが無く非常に食べやすい魚です。シラウオもワカサギと同様,その多くが「佃煮」や「煮干し」に加工されますが,霞ヶ浦北浦周辺のスーパーや道の駅では「生シラウオ」を購入することもできます。生シラウオは「卵とじ」や「天ぷら」などでおいしく食べることができます。

 

シラウオの佃煮

シラウオの佃煮

シラウオの天ぷら

シラウオの天ぷら

 

シラウオの煮干し

シラウオの煮干し

シラウオの卵とじ

シラウオの卵とじ