ここから本文です。

更新日:2015年12月28日

活動方針・組織図

活動方針

平成27年度の普及指導計画の基本方向は、新たな茨城農業改革の実現による土浦地域の農業・農村の活性化です。本年度は改革の最終年であり、目標達成を見据えた改革の着実な推進により、当地域が消費者・実需者に支持され信頼される産地となり、次世代にこの地域の農業・農村を引き継いで行くことができるようにします。

そのための活動目標として、次の4項目を掲げました。

  1. 儲かる農業の実現や農地中間管理機構を活用した農地集積による経営の安定
  2. 新規作物・新技術・県オリジナル品種の導入等、新たな視点からの取り組みによる消費者・実需者ニーズに応えられるものづくり
  3. 地域農業担い手の確保育成
  4. 関係機関と連携した元気ある地域、強い産地づくり

これらの目標達成のため、技術者連絡会議、農業改良推進協議会等において、地域農業振興目標の共有化と関係機関・団体が一体となった取り組みを強化するとともに、経営体・生産組織や関係者に提案できる提案型普及活動を展開します。

課題

安全・安心な農産物の安定的な供給

  1. 安全・安心な農産物生産の意識啓発を行うとともに、放射性物質検査の支援や農薬の適正使用、ドリフト対策を指導し、安全・安心な農産物の生産体制の定着を図る。
  2. 特別栽培等生産技術や生産履歴記帳等を支援するとともに、GAP(農業生産工程管理適正農業規範)導入促進の取組を支援する。
  3. 消費者や実需者等へ農産物の安全・安心に関する正確な情報提供やいばらき農産物ネットカタログ等を活用した産地広報活動を支援するとともに、農産物のイメージアップと有利販売を支援する。

エコ農業茨城の推進と食と農への理解促進

  1. エコファーマーの育成・拡大や特別栽培農産物の定着により持続性の高い農業生産方式の普及・定着を図る。
  2. 化学肥料施用量削減や有機肥料・肥効調節型肥料の利用や局所施肥等を促進するなど環境にやさしい農業を推進する。
  3. 必要以上の農薬使用を無くすため、耕種的防除の徹底や性フェロモン剤、生物農薬等の組織的・地域的な取組を促進するとともに、「エコ農業茨城」の啓発・普及を推進する。
  4. 土壌診断分析に基づく適正施肥の推進や耕畜連携を進め、有機物や良質堆肥等の活用による土づくり運動を展開する。
  5. 地産地消への取り組みや食農教育活動の推進により、食と農の結びつきの理解を促進する。


ターゲットを明確にした販売戦略の展開

  1. 主要な青果物について、買ってもらえるものづくりに向けた産地戦略の構築や課題解決の方向性等について生産部会や関係機関・団体に対し積極的に提言を行うとともに、首都近郊の条件を活かし、実需者や消費者の多様なニーズや特徴ある業務用野菜産地等の育成を推進する。
  2. JA直売所等における地域農産物の販売を促進するため、良品質生産技術の向上や年間を通した計画生産・計画販売を推進する。また、地域農産物を活用した加工品の開発を進めるとともに、商品価値の高いものづくりを推進し、直売型経営体の育成を図る。

儲かる農業の実現による経営の安定

(水田経営)

  1. コシヒカリの高品質安定生産や特別栽培米、地域オリジナル米の生産を推進する。また、県育成品種「ふくまる」の生産安定と普及拡大を推進するとともに、多様な実需者ニーズに対応できる産地づくりを進める。
  2. 人・農地プランや地域水田農業ビジョンに基づく担い手の経営安定と麦・大豆・そば等の転作物や新規需要米(飼料用米等)などの安定生産を図り、水田の有効利用を推進する。
  3. 農地の有効利用の継続や農業経営の効率化を進めるため、農地中間管理機構を活用した担い手への農地の集積・集約化を推進する。
  4. 水稲鉄コーティング湛水直は栽培等の省力・低コスト化技術の普及を推進する

(園芸経営・野菜)

  1. レンコンは、被害が拡大している黒皮症などの病害虫対策を検討するとともに、レンコン品種の優良系統選抜を行い、収量・品質の安定化を図る。また、霞ヶ浦の水質への負荷軽減のため吸肥特性に応じた施肥技術を確立し、環境にやさしい農業の推進を図る。さらに、担い手組織の研究・学習活動を積極的に支援し、産地の担い手の育成を図る。
  2. イチゴは、県オリジナル品種「いばらキッス」の普及拡大を推進するとともに、栽培技術習得のための支援を行い、イチゴ直売経営の安定化を図る。
  3. 畑地かんがいを整備した地域の営農を担う経営体の育成や通水に向けた導入作物の検討を行い、畑かん営農による経営の安定化を図る。

(園芸経営・花き)

  1. グラジオラスは、11月出荷の安定化を図るとともに、全国の主産地会議を開催して効率的な出荷・販売を推進する。
  2. コギクは電照栽培技術の推進により、需要期の安定出荷を図るとともに、県育成オリジナル品種の品種特性を活かした栽培を推進し普及を図る。
  3. トルコギキョウは、電照技術を導入して抑制作型の高品質化を推進するとともに、有利販売に向けた産地目標を提案する。


(園芸経営・果樹)

  1. ナシ経営の安定と産地の活性化を推進するため、果樹産地構造改革計画策定の機会等を活用し、関係機関・団体と生産者等が産地の課題と情報の共有化を図り、生産性の向上(補植、改植、樹勢回復などのナシ園の若返り対策等の推進)や生産基盤の整備(多目的防災網の早期展張推進など)に向けた取り組みを支援する。
  2. 担い手組織を対象にナシ園の若返り対策資料を活用して、若木育成技術の習得を図るとともに、栽培管理技術の向上対策を推進し、計画的なナシ園の若返りによる生産力と栽培技術の向上を図ることによって、担い手の育成とともに生産者の意欲の向上に結びつける。
  3. ナシ、ブドウ等、カキの高品質付加価値品目横断的なプレミアム商品づくりを核とした産地強化対策を進めることによって魅力ある果樹産地づくりを推進する。

(畜産経営)

  1. 若手養豚生産組織の定期的な学習会や県産豚の消費拡大活動を支援し、組織の活性化と担い手の育成を図る。

多様な地域資源の連携から生まれる新たなアグリビジネス

  • 地域の農畜産物を活用した特色ある加工品生産や新商品開発、販路拡大を支援し、経営感覚に優れた加工起業者を育成する。また、地域資源や農商工観光業者等との連携による6次産業化を推進し、地域農業の活性化及び新たなアグリビジネスの展開を支援する。

未来につなぐ担い手の育成

農業経営改善に意欲的な個別経営体や組織経営体の育成

  • 各市の農業再生協議会と連携し、主たる農業経営者の確保・育成や法人志向者への指導、集落営農の組織化・法人化を推進する。
  • 個別経営体のカウンセリングによる個別課題の抽出・明確化やコンサルテーションによる技術・経営の見直し等により、認定農業者の経営改善計画達成に向けた濃密指導を推進し、自ら経営改善を実践できる経営者として育成する。
  • 個別経営体の経営強化を図るため、主要品目の経営指標見直しや省力・低コスト・複合経営等のモデル提案等を行い経営目標・管理能力等の向上を図る。

新規就農者及び青年農業者の確保・育成と新規参入者の育成

  • 地域農業を支える新規就農者を確保・育成するため、土浦地域就農支援協議会(農業三士・関係機関等で構成)の充実を図り、就農アドバイザー等を活用した営農相談機能を強化し、希望を持って就農できる環境を整備・促進する。さらに、青年就農総合支援事業等を活用して就農意欲の喚起と定着を促進する。
  • 新規学卒者やUターン青壮年等に対しては、農業学園講座などを通して基礎的・専門的技術の習得や仲間づくりを進める。また、受講者の幅広いニーズと広域的な仲間づくりを推進するため、土浦、稲敷、つくばの3普及センターが連携し、広域講座を開催する。
  • 農外からの新規参入者に対しては、就農相談会の開催や農林振興公社と連携して就農促進を支援するとともに、「いばらき営農塾」を通して、やる気のある農業者の定着促進を図る。
  • 農村青少年クラブ・担い手組織等の活動に対しては、プロジェクト活動の支援や仲間づくりなどにより経営管理能力・企画能力・判断力の高い青年農業者を育成する。

経営や地域社会に参画する女性農業者の育成

  • 若手女性農業者を対象とした農村女性大学講座を開催することで、農村女性の共同経営者としての資質向上や社会参画に向けた意識改革を図る。
  • 農村女性の社会参画に向けた意識改革と、家族経営協定の締結を推進し、経営のパートナーや地域の活性化に関われる積極的な女性農業者の活動を支援する。
  • 直売活動や農産物加工に携わる農村女性起業者の生産・加工・運営能力の向上を支援するとともに、地場農産物の学校給食などへの利用促進や地産地消運動・食農教育活動等の実践を支援する。


農村の大切な資源である生産基盤の整備と適切な保全

  1. 基盤整備された畑地での農地集積を目指す担い手組織の育成を図るとともに、耕作放棄地の復元促進や、耕作放棄寸前の農地の受け手の育成を進め、省力作物の導入・省力技術の普及による土地利用型農業の取り組みを推進する。

組織図

活動体制

 

このページに関するお問い合わせ

県南農林事務所経営・普及部門 

茨城県土浦市真鍋5丁目17番26号土浦合同庁舎内

電話番号:029-822-8517

FAX番号:029-822-7370

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?