ホーム > 茨城で学ぶ > 農業大学校 > 営農塾トピックス2-茨城県立農業大学校-

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

営農塾トピックス2-茨城県立農業大学校-

修了生にインタビュー

平成17年度に研修を受け、就農された前沢孝一さんにお話を伺いました。(取材:阿部、鈴木)

前沢孝一さんは、常陸太田市でネギ、野菜類の栽培に取り組んでいらっしゃいます。

御両親が年を取るなどしたため、会社を退職して農業を継ぐこととなった前沢さん。最初は、必ずしも農業が好きで就農したわけではなかったそうですが…。

前沢さんご夫婦。ハウスの前で。

 

いばらき営農塾を受講

前沢さんは平成17年度に、いばらき営農塾を受講されました。就農の際には、営農塾での学習、体験が役立ったそうです。

それをきっかけに、農業いばらきを購読、常陸太田地域農業改良普及センターとの関係も密になり、栽培技術の支援を受けるようになりました。

 

親の経営を受け継ぎながら、拡大へ

前沢さんの主力はネギです。お父さんの夏ネギ、冬ネギ栽培を引き継ぎ、更に周年栽培にまで拡大する計画を立てました。

土地や機械も一部購入、営農塾でのパイプハウス組立実習後、ご自分でハウスも立てたそうです。

 ネギの調製作業の様子

また、各種野菜の栽培も、奥さんを中心に行っています。

栽培しているのは少量多品目で、レタス、キャベツ、ミズナ、シカク豆、コマツナ、セルリー、ホウレンソウ、カブ、チンゲンサイなどです。

野菜はハウスが中心。

直売所に出荷したところ、最近ではスーパーからの注文もあり、出荷調整がかなり忙しいとのことでした。夜遅くまで出荷作業が続くとおっしゃる前沢さんですが、「私たちが毎日こつこつ作る野菜を待っている人がいる」「喜ぶ顔を見るのはとても楽しい」と、明るく答えてくださいました。

 

今後の抱負

前沢さんの今後の課題は、労働力の調整です。注文は多く入るものの、作業が間に合わないのが大きな悩みだそうです。

前沢さんは、平成19年度いばらき営農塾「認定農業者等ステップアップ研修」を受講され、更に経営についても学ばれました。講師の先生のお話の中から、今後の経営発展につながるヒントは見つかったでしょうか。自由討議の場でも、前沢さんはいつも前向きな発言をしていらっしゃいました。


新しく農業をはじめる人へ

前沢さんに、これから農業をはじめる人へのアドバイスを伺いました。まずは、「1人で農業はできない」ということ。前沢さんが農業をはじめるにあたり、御両親の手伝いをしていた奥さんの栽培技術には大いに助けられたそうです。

また、「情報交換、仲間づくりができない農業者は大成できない」「社会に貢献できる人であって欲しい」との言葉もいただきました。今、前沢さんが実践しようとしていらっしゃる姿勢そのものだと思います。

 

前沢さん、ありがとうございました。

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部県立農業大学校庶務部

茨城県東茨城郡茨城町長岡4070-186

電話番号:029-292-0419

FAX番号:029-292-0903

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?