ここから本文です。

更新日:2019年6月24日

中山間地域等直接支払制度

中山間地域の農地は,平地地域と比べ農業の生産条件が不利であることから,耕作放棄地の増加等により,国土の保全,水源の涵養,良好な景観の形成等の多面的機能の低下が特に懸念されています。

「中山間地域等直接支払制度」は,中山間地域等の農業生産条件が不利な地域において,5年以上農業を続けることを約束した農業者の方々に対して,面積に応じて一定額の交付金を交付する制度です。

事業制度

平成12年度から実施している当制度は,平成27年度から第4期対策(平成27年度から平成31年度)が開始されており,平成27年度からは法律に基づいた安定的な措置として実施されています。

対象地域及び対象農用地

山村振興法・特定農山村法・過疎法の指定地域及び準ずる地域(知事特認地域)のうち,急傾斜等条件不利な農地

対象行為

  1. 集落の将来像を明確化した活動計画の下で5年以上継続して行われる農業生産活動等(必須)
  2. 農業生産活動等の体制整備に関する一定の要件を満たす活動(任意)

1のみの取組の場合,交付単価は通常の8割の額となります。

事業実施主体

農業者の組織する団体(集落)等

交付単価

 

地目別交付単価
地目 区分 交付単価(10a当たり)

急傾斜(20分の1以上)

21,000円

緩傾斜(100分の1以上)

8,000円

急傾斜(15度以上)

11,500円

緩傾斜(8度以上)

3,500円

草地

急傾斜(15度以上)

10,500円

草地

緩傾斜(8度以上)

3,000円

草地

草地比率の高い草地

1,500円

採草放牧地

急傾斜(15度以上)

1,000円

採草放牧地

緩傾斜(8度以上)

300円

 

平成30年度の実施状況

交付実績

(1)交付総額:55,637千円※前年度から16千円の減

(2)取組数:9市町・99集落※前年度と同数

(3)取組面積:557ha(うち田549ha,畑8ha)※前年度から0.2haの減

(4)取組あたりの平均値

  • 平均交付金額:562千円
  • 平均取組面積:6ha

主な活動内容

  • 将来にわたり農業生産活動等が可能となる集落内の実施体制構築
  • 耕作放棄の防止等を目的とする,農地の法面管理
  • 農地の多面的機能の増進を目的とする,周辺林地の下草刈り,景観作物の作付け
  • 担い手への農地集積や農作業の委託

主な交付金の使途

農道や水路の管理費(43%),農地の管理費(17%)等

 

平成30年度の実施状況(詳細版)(PDF:633KB)

 

優良活動事例集

県内各地で行われている活動組織の取組事例集をまとめています。活動の参考としてください。

ホームページ『いばらきの農村発見』内,「美しい水土里づくり表彰」ページに掲載しています。
→『いばらきの農村発見』美しい水土里づくり表彰ページ(外部サイトへリンク)

出先機関へのリンク(問い合わせ先)

県北農林事務所企画調整部門(電話:0294-80-3301)

県央農林事務所企画調整部門(電話:029-221-3012)

県西農林事務所企画調整部門(電話:0296-24-9164)

関連リンク

農林水産省中山間地域等直接支払制度ホームページ(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農村計画課農村活性化

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4264

FAX番号:029-301-4269

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?