ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 農林水産部 > 本庁 > 農地局農村環境課 > 中山間地域アグリビジネスモデル創出調査研究事業 > 「大賀地域活性化協議会」(常陸大宮市)が「平成29年度豊かなむらづくり全国表彰」で関東農政局長賞を受賞しました

ここから本文です。

更新日:2017年11月16日

「大賀地域活性化協議会」(常陸大宮市)が「平成29年度豊かなむらづくり全国表彰」で関東農政局長賞を受賞しました

農林水産省では,農山漁村における「むらづくり」の優良事例を表彰し,その業績を広く紹介することを通じて,農山漁村におけるむらづくりの全国的な展開につなげていくために,毎年度「豊かなむらづくり全国表彰事業」を実施しています。

このたび,平成29年度の受賞団体が決定し,茨城県からは常陸大宮市の「大賀地域活性化協議会」が関東農政局長賞を受賞しました。

受賞団体の概要

「大賀地域活性化協議会」は,東京農業大学の専門知識・技術及びアイディアを本県中山間地域の活性化に活かすため,地域と東京農業大学等が連携して地域の課題解決に取組みながら,持続可能なアグリビジネスモデルの創出につなげるための調査研究を行う「中山間地域アグリビジネスモデル創出調査研究事業」の一環で設立されました。

地域間ネットワークの再構築や地域の活性化を図るために設立された当協議会は,常陸大宮市の旧大賀村を構成した5地区(岩崎,久慈岡,上大賀,小祝,鷹巣)と岩崎荏胡麻生産組合,久慈岡共有竹林組合などから構成されています。

むらづくり組織図 

メンバーらがワークショップを重ねながら,新設された道の駅「常陸大宮」を拠点として,地域資源を活用した特産品(エゴマ関連商品)づくりや,久慈川沿いにある竹を利用した「竹あかりまつり」の実施,メンマ商品の開発などを行ってきました。

こうした取組みが,農地の維持や荒廃した竹林の整備・保全,新たな交流活動の促進等につながり,地域活性化に寄与していることが,今回の受賞につながりました。

地域資源を活用しながら多様な活動を展開している当団体は,農山村の持続可能な地域づくりのモデル的な事例として,今後ますますの発展が期待されます。

 

地域資源マップ

地域資源マップ

 

活動の様子

加工加工

 

表彰式の様子

日時:平成29年11月13日(月曜日)午後2時30分より

会場:さいたま新都心合同庁舎2号館 11階防災対策室

内容:表彰式,事例発表,記念撮影など

29yutamura129yutamura2

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農村環境課農村活性化

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4264

FAX番号:029-301-4269

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?