ホーム > 耕作放棄地の解消等に向けた営農継続型太陽光発電施設設置(ソーラーシェアリング)について

ここから本文です。

 耕作放棄地の解消等に向けた営農継続型太陽光発電施設設置(ソーラーシェアリング)について

 

 農地は,農業生産の基盤であり,耕作放棄地を含め,農地として利用していくことが基本ですが,近年,営農を継続しながら上部空間で太陽光発電を行う,いわゆる“ソーラーシェアリング”の手法が開発され,農地の所有者等の導入意欲が高まってきましたことから,平成25年3月に農林水産省から,「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて」の通知が発出され,農地の転用許可上の取扱いが示されました。

 こうした状況の下で,本県においても,ソーラーシェアリングに関する相談や農地転用許可申請が増えてきていますが,整理が必要なことも多く手続きも複雑であることから,その導入に当たっては制度の趣旨や必要な手続き等を十分理解した上で,適切に進めていく必要があります。

 そこで,以下のとおり,ソーラーシェアリング導入に必要な手続きや留意点をとりまとめました。

 

「耕作放棄地の解消等に向けた営農継続型太陽光発電施設設置(ソーラーシェアリング)に関する参考資料」

本体資料(PDF:6,939KB)

参考資料(PDF:3,353KB)

○外部リンク

・営農型発電設備の実務者用Q&A(農林水産省HP)(http://www.maff.go.jp/j/nousin/noukei/totiriyo/attach/pdf/einogata-10.pdf)

・農山漁村における再生可能エネルギーの取組事例(http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/zirei.html