ホーム > 鳥獣被害対策の集落環境診断を実施しました。(石岡市菖蒲沢)

ここから本文です。

更新日:2019年1月29日

鳥獣被害対策の集落環境診断を実施しました。(石岡市菖蒲沢)

 平成31年1月17日(木曜日)から18日(金曜日)にかけて,石岡市菖蒲沢の鳥獣被害対策モデル地区で,鳥獣被害対策の集落環境診断を行いました。

 今回はの集落診断は,鳥獣被害防止対策交付金を活用し,県内5か所の農林事務所単位で地域勉強会や新技術の実証,普及啓発を目的とする「鳥獣被害対策モデル地区事業」の一環として行われました。

 集落環境診断とは,鳥獣被害対策の専門家と共に集落の現地調査を行ったり,集落住民や行政職員でワークショップを行うことにより,集落が抱える課題を明らかにし,有効な鳥獣被害対策を住民主体で立案していく活動のことです。

 今回は,外部講師を2名招き,菖蒲沢地区の集落住民,県・市の行政職員,農業共済組合職員などが参加し,実施しました。現地踏査では,電気柵の管理や放任果樹など課題が多く見つかり,ワークショップでは課題解決のため,活発な議論が交わされました。

 集落環境診断により,住民主体の持続的な鳥獣被害対策の推進が期待されます。

講義の様子現地調査の様子

ワークショップ作業の様子ワークショップまとめの様子

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農村計画課農村活性化

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4264

FAX番号:029-301-4169

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?