ここから本文です。

更新日:2017年12月25日

土地改良5ヵ年計画

  国内需要の縮小やTPP協定等による急速なグローバル化の進展への対応をはじめ,本県を襲った東日本大震災や関東・東北豪雨災害等の自然災害を教訓とした防災・減災対策など,農業農村を取り巻く状況の変化に対応するため,これまで進めてきた取組に加え,新たな取組を進めていく必要があります。

 県ではこのような状況の変化に的確に対応し,本県の農業農村の振興を図ることにより,今後とも全国をリードする農業県として発展していくため,「第8次土地改良5カ年計画(2016~2020)~いばらき農業農村整備プラン~」を策定しました。
 今後は本計画に基づき、本県の農業・農村の整備を計画的・効率的に進めていきます。

第8次土地改良5ヵ年計画(2016~2020)の概要

計画の基本理念

みんなで創ろう!強く元気な”いばらきの農業農村”

~担い手の所得向上と災害に強く,美しく元気な農村づくりを目指して~ 

計画の目標

基本理念を実現するため,本計画では,10年後の目指すべき農業農村の姿を示した上で,次の3つの目標を掲げ,農業農村整備の各種施策を計画的・効率的に進めます。

目標1 農業競争力強化のための基盤づくり

 ①低コストで生産性の高い水田の基盤づくり

  ・基盤整備事業と農地中間管理事業の連携による農地の集積・集約化と大区画化

  ・水管理の省力化と汎用化の推進

 ②高品質な青果物を安定供給する畑地の基盤づくり

  ・畑地の区画整理と一体となったかんがい施設や排水施設の整備の推進

  ・担い手の経営戦略に合わせた畑地の整備

 目標2 農村地域の強靭化・インフラ長寿命化

 ①農業水利施設等の計画的な長寿命化対策

  ・インフラ長寿命化計画(行動計画)に基づく計画的な長寿命化対策

  ・監視体制を強化するための人材の育成

 ②農村地域の強靭化に向けた防災・減災対策

  ・ため池の保全管理体制の整備

  ・災害等の緊急時に的確に対応できる人材育成と体制整備

目標3 美しく元気な農村づくり

 ①地域資源を活用した農村の活性化

  ・農村資源を活用した中山間地域のアグリビジネスモデルの創出

  ・農村資源を活用した都市農村交流の促進

 ②多面的機能の発揮促進と農村環境の整備

  ・農業・農村の多面的機能を維持・発揮する地域協働活動の支援

  ・農村環境の整備

第8次土地改良5ヵ年計画(2016~2020)本文のダウンロードはこちら

・第8次土地改良5ヵ年計画(PDF:2,650KB(PDF:2,650KB)

第8次土地改良5ヵ年計画(2016~2020)の実績(H28年度末時点)

・第8次土地改良5ヵ年計画の実績(H28年度末時点)(PDF:257KB)

(参考)第7次土地改良5ヵ年計画(2011~2015)

・第7次土地改良5ヵ年計画の概要(PDF:302KB)

・第7次土地改良5ヵ年計画の実績(PDF:329KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農村計画課企画調整

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4150

FAX番号:029-301-4169

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?