ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 農林水産政策 > 茨城農業改革 > 平成30年度茨城農業改革の動き > ~バラでは県内唯一の指定産地~古河市三和地区のバラが県花き銘柄産地として指定証の交付を受けます

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2018年9月14日

~バラでは県内唯一の指定産地~古河市三和地区のバラが県花き銘柄産地として指定証の交付を受けます

茨城県では昭和63年度に「花き銘柄産地指定制度」を創設し,販売金額や市場単価などの厳しい要件をクリアした産地を「銘柄産地」として指定しています。県全体でこれまで7産地が指定され,そのうち県西管内では2産地が指定されています。

このたび,指定更新となった古河市三和地区のバラ銘柄産地指定証の交付を行います。

平成11年から銘柄産地である古河市三和地区のバラは,県内唯一指定を受けたバラ産地であり,「三和のバラ」としてブランド化を図っています。

日時

平成30年9月21日(金曜日)午後2時から

場所

筑西合同庁舎5階 県西農林事務所長室(筑西市二木成615)

内容

古河市(三和地区)バラへの産地指定証交付

出席者

茨城むつみ農業協同組合 代表知事組合長 岩瀬 治三郎氏 他3名

茨城むつみ農業協同組合 三和地区花き生産部会 部会長 塚原 和栄氏

古河市 副市長 青木 義和氏 他3名

茨城県県西農林事務所 所長 白土 裕司 他3名

坂東地域農業改良普及センター センター長 糸澤 正

産地の概要

  • 産地の区域:古河市(三和地区)
  • 出荷組織の名称:茨城むつみ農業協同組合 三和地区花き生産部会
  • 作付戸数5戸,作付面積1.6ha,出荷数量811千本(平成29年度)

生産者は,県花の産地であることを誇りとし,40を超える品種を出荷するとともに,収穫された日を記す採花表示や,水入縦箱※による湿式輸送に取り組むなど,鮮度を重視した出荷は市場からも高く評価されています。若手後継者を中心に次世代高収量生産技術であるLED補光の実証試験に取り組む等,意欲的な産地です。

※ 品質を保つため,切り口に水分を供給しながら輸送する方法

古河市三和地区で取り組んでいるバラ新品種

このページに関するお問い合わせ

県西農林事務所振興・環境室

茨城県筑西市二木成615筑西合同庁舎内

電話番号:0296-24-9174

FAX番号:0296-25-3074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?