ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 農林水産部 > 本庁 > 林業課 > 山地災害防止体制について

ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

山地災害防止体制について

山地災害危険地区とは

「山地災害危険地区」とは、地形、地質、森林等の状況からみて、豪雨等により山地災害が発生すれば学校等の公共施設、道路、人家等に直接被害を与えるおそれがあり、その崩壊危険度が一定基準以上となっている地区を調査したものです。
山地災害危険地区は、荒廃の形態によって、「山腹崩壊危険地区」、「崩壊土砂流出危険地区」、「地すべり危険地区」の3種類に区分しています。


山腹崩壊危険地区
山腹崩壊によって公共施設又は人家に直接被害を与える恐れのある地区。
【特徴】
・山の斜面に亀裂やわき水がある
・岩石がもろく崩れやすい地質である
・過去に山崩れがあった
・急斜面で、軟弱な地盤がある
・水の集まりやすい斜面地形である
・ときどき落石がある

崩壊土砂流出危険地区
山腹崩壊や地すべりによって発生した土砂又は火山噴出物が土石流となって流出し、公共施設又は人家に被害を与える恐れがある地区。
【特徴】
・渓流の勾配が急である
・渓流に大きな石がごろごろしている
・たくさんの土砂が堆積している
・上流が山崩れなどで荒れている
・過去に土石流があった

地すべり危険地区
地すべりが発生している、あるいは、地すべりが発生する恐れがある区域のうち、公共施設に被害を与える恐れのある地区
【特徴】
・過去に地すべりがあったところで、今も少しずつ動いている
・わき水や地下水が豊富である
・断層があるところやもろくくずれやすい岩石がある
・火山や温泉の影響で粘土化した土がある

県内には、計1,197箇所の山地災害危険地区があります(平成29年3月末現在)。

(単位:箇所)

所有別

山腹崩壊

崩壊土砂流出

地すべり

民有林

450

605

121

1,176

国有林

13

21

463

613

121

1,197

県内の山地災害危険地区一覧表

 

山腹崩壊

崩壊土砂流出

地すべり

民有林

(PDF:103KB)

(PDF:113KB)

(PDF:54KB)

国有林

(PDF:40KB)

(PDF:38KB)

 

 

県内の山地災害危険地区位置図(民有林)

民有林における山地災害危険地区については,いばらきデジタルまっぷ(外部サイトへリンク)で掲載していますので,こちらをご参照ください。(トップページ>安心安全>防災>左最下段)

 

 

県内の山地災害危険地区位置図(国有林)

 

国有林における山地災害危険地区については、こちらをご参照ください。>関東森林管理局(外部サイトへリンク)

 

山地災害防止への取り組みについて(PDF:1,195KB)

 

 

山崩れなどの危険信号を見つけた場合は、お住まいの市町村または農林事務所にご連絡ください

農林事務所・課 電話番号
県北農林事務所森林土木課 0294-80-3371
〃大子分室 0295-72-0539
県央農林事務所林業振興課 029-231-2079
鹿行農林事務所林業振興課 0291-33-4123
県南農林事務所林業振興課 029-822-7087
県西農林事務所林業振興課 0296-24-9176

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業課林地保全

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4056

FAX番号:029-301-4059

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?