ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

赤星病

害樹種:ナシ、ボケ、カイドウ、リンゴなど。

赤星病の写真とイラスト

生態と被害
さび病の仲間で、病原菌はビャクシン類との間を行き来しており、両方の樹種が近接して存在しないと生活できない。
葉樹側では、葉の表面に橙~赤色の円形病斑を生じ、裏面には6月頃に太く短い毛状の菌体が群生する。病葉はやがて黄変、落葉する。果実も侵し、病斑部から腐敗が進む。
ビャクシン類では、さび病と呼び、葉や枝の患部から、4~5月頃の湿潤時に黄橙色のゼリー状の菌体を生じる。

防除法
1)被害の発生しやすい樹種とビャクシン類を近接して植栽しない。
2)薬剤を散布する。

 

登録農薬(2014年4月現在)

名称 適用作物 適用病害虫 希釈倍数
石灰硫黄合剤 びゃくしん 赤星病 40倍

実際に薬剤を使用する場合は農薬販売店等に相談するか、下記のページで最新の農薬登録情報を確認してください。
JPP-NETホームページへhttp://www.jppn.ne.jp
林水産消費安全技術センター農薬検査部ホームページへhttp://www.acis.famic.go.jp/index.htm

全国緑の相談窓口一覧(外部サイトへリンク) 

 

病害虫一覧へ戻る

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?