ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 森林・林業 > 茨城県林業技術センター > 樹木病害の生態と防除に関する研究

ここから本文です。

更新日:2016年5月19日

樹木病害の生態と防除に関する研究

研究報告No.24(要旨)

城県林業試験場は、1955年の開設以来40年間、各年代に発生した病害虫を研究してきた。その結果、茨城県における主要な樹木病害虫の対応策は、十数種を除けばほぼ解明された。40年間の研究の総まとめをしようとしたが、それらに関する報文は膨大なものなので、1996年には害虫部門を公表し(茨城県林業試験場研究報告第23号)、今回は病害部門を総説した。

1.線虫類

マツノザイセンチュウ(松くい虫)は、当時西日本を中心に猛威をふるっていたが、1971年に水戸市と那珂町において、茨城県で初めて確認された。その侵入地域の拡大状況が、疫学的に精力的に調査され、1年間に拡大する距離、被圧木等の拡大を誘引する要因などが解明された。被害量増加に影響を及ぼした環境要因として、夏期の高温・小雨や乾燥性土壌などが調査された。アカマツ、クロマツの枯損率は非常に高かったので、根本的対策として抵抗性マツが選抜育種により開発され、試験場構内にて作られたマツノザイセンチュウ抵抗性マツ苗が、一般県民に配布されるようになった。
ニセマツノザイセンチュウは、マツノザイセンチュウと形態・生態に類似点が多く、茨城県内の広範囲に分布していた。単木枯損がほとんどであり、大被害の発生はなく、病原性も低かった。
ネグサレセンチュウなどの土壌線虫は、1950、1960年代に苗畑の立枯病の主原因であった。県内苗畑に生息する土壌線虫の種名が調査され、同時に、薬剤防除のマニュアルが作成された。

2.菌類

苗畑の病害は、広範囲にたびたび発牟し、1950~1970年代は、最も重要な研究対象となった。苗立枯病やスギ赤枯病について、殺菌剤による防除法が研究された。マツこぶ病は、病原菌の生活史と殺菌剤による防除法が解明された。1980~1990年代は、ヒノキの病害が顕在化し、精力的に調査され、ならたけ病と樹脂胴枯病の被害実態および発生環境が解明された。漏脂病の被害実態は解明されたが、発生環境は特定できず、防除対策は、今後の課題として残された。
多種類の病害が発生し、樹種名とともに記録され、主要なものは、適宜被害実態が調査された。つちくらげ病、テーダマツ溝がんしゅ病、キリてんぐす病、クリ胴枯病などの被害実態が解明された。マツ皮目枝枯病が和華松に、トウカエデ首垂れ細菌病が各地の街路樹に発生した。葉の病害では、マツの葉枯れ性病害に対する県民の相談が多かった。マツ葉ふるい病やマツすす葉枯病で、発病程度に、マツのクローンによる差が認められた。カナメモチごま色斑点病は、1980年代後半から、各地の生垣に多発した。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?