ホーム > 名木・巨樹 > 広葉樹

ここから本文です。

更新日:2016年3月23日

 ホーホーの木

hokota-ho-ho-noki

樹種:イスノキ

樹齢:約400年

樹高:9.5m

幹周:4.2m

所在地:鉾田市勝下155

概要:

 もともと,この地に住んでいた代官の屋敷の庭に植えられていたものらしい。イスノキは,本来伊豆地方に多く生育するはずのものであり,この地にあるのは非常に珍しいことである。
  イスノキの虫えいから成虫が飛びだした後に穴があき,口にあて吹くとピーと鳴ることから,ホーホーノキまたはピーピーノキとも呼ばれている。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年,茨城県緑化推進委員会 発行)より引用

 井野天満神社のウメ

toride-ume

樹種:ウメ

樹高:4m

幹周:1.62m

所在地:取手市台宿2丁目6-7

概要:

 取手一高の東側に井野天満神社があり,昔から「天神さん」として人々に親しまれている。ウメの好きな菅原道真は学問の神様として受験生に敬愛されている。道真は「学ぶ者がたえず本を開いておれば梅は勢いよく開く。怠けて本を閉じていると梅も開かぬ」と人々に教えたと言われている。

 ウメは風流とともに花も実も日本人の心と体を養ってきた。

 

○「取手市の巨木と名木」(2010年,取手市緑化推進委員会 発行)より引用

 大穂のウメ

tsukuba-ume

樹種:ウメ

樹齢:推定約300年

樹高:約6m

幹周:3m

所在地:つくば市吉沼2376

概要:

 民家の邸内にある。地上1mのところでほぼ南北に二つに分かれ、南側の幹は枯死している。

枝張り6~7m程度である。品種は野梅とされており、花は白色単弁で果実は中形である。

 

○県文化課HP(http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/index.html)より引用

 小松寺のエンジュ

shirosato-enzyu

樹種:エンジュ

樹齢:約200年

樹高:約15m

幹周:約3m

所有者:小松寺

概要:

 エンジュは中国原産の落葉高木で,樹勢良く,7~8月に黄白色の小さな蝶形花を枝先に多数つける。

 樹皮には,縦に多くの割れ目があり古木を感じさせる。

 天平17年(745年)創建の小松寺の境内にある。

 八坂神社のエンジュ

toride-enzyu

樹種:エンジュ

樹高:13.5m

幹周:1.8m

所在地:取手市東1丁目2-9

概要:

 八坂神社は寛永3年の創建で御祭神にはスサノオノミコトが祀られている。鳥居のわきにエンジュがある。7~8月ごろに白くて小さい花をたくさんつける。秋にはマメ形の実がなり数珠のような莢が垂れ下がる。

 昔は若葉をゆでて食用や茶の代用とした。エンジュは中国では高いくらいにつくと庭に植える風習があり,縁起のいい木である。

 

○「取手市の巨木と名木」(2010年,取手市緑化推進委員会 発行)より引用

 浅間神社のカクレミノ

toride-kakuremino

樹種:カクレミノ

樹高:11m

幹周:1.53m

所在地:取手市長兵衛新田5815

概要:

 長兵衛新田の開墾松(二代目)の近くに浅間神社があり,鳥居の傍にカクレミノがある。7つに分岐しており,鷹の爪に似た根が面白い。葉は常緑だが黄葉する。別名ミツデ,ミツナガシワ,カラミツデとも言い,いずれも葉の形を現わしている。

 カクレミノは葉に風情があり料亭の庭などに植えられている。伊豆七島では葉に神前の供物を載せたと言われている。

 

○「取手市の巨木と名木」(2010年,取手市緑化推進委員会 発行)より引用

 龍禅寺のキンモクセイ 

toride-kimokusei

樹種:キンモクセイ

樹齢:推定190年

樹高:15m

幹周:5.72m

所在地:取手市米ノ井467

概要:

 龍禅寺境内にあるキンモクセイは6分岐で幹周り5m72cm,主幹2m3cmもある。花が可憐で香りがよく,大変丈夫である。大気汚染や潮風にも強い。

 秋にどこからともなく漂うキンモクセイの花の匂いは秋の深まりを人々に教えてくれる。取手市の木。

 

○「取手市の巨木と名木」(2010年,取手市緑化推進委員会 発行)より引用

 正直町のキンモクセイ

ushiku-kinnmokusei

樹種:キンモクセイ 

樹高:14.2m

幹周:1.43m

所在地:牛久市正直町1297

概要:

 庭木や花木として,東北南部から九州にかけて公園・庭園などに植栽されている常緑広葉樹の小高木である。ほとんどが雄木とされており,秋に花が咲き芳香を漂わせる。「牛久市の木」に指定されている身近な樹木である。市内には多数の植栽樹があるが,多くは幹が複数に分岐しており,このような1本立ちの木は大変珍しく貴重である。キンモクセイはこれまで,中国原産とされてきましたが最近,熊本県や鹿児島県の照葉樹林内に自生している花が淡黄色のウスギモクセイから見出され,栽培化されたのではないか,との説が出されている。都市環境の維持向上に役立っているものである。

 金沢町のギンモクセイ

hitachi-ginnmokusei

樹種:ギンモクセイ

樹高:13.0m

幹周:1.30m

所在地:日立市金沢町4-11-2

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林政課森づくり推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4021

FAX番号:029-301-4039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?