ホーム > 名木・巨樹 > 広葉樹5

ここから本文です。

 上のムクロジ

naka-mukurozi-1

樹種:ムクロジ

樹齢:約150年

樹高:約15m

幹周:2.5m

所在地:那珂市瓜連1601-1

所有者:那珂市教育委員会

概要:

 暖地性の落葉高木で,分布上北限に近く,かつ樹齢140~150年と推定され,価値ある老巨樹である。6月頃,枝先に円錐花序に排列する雌雄雑居の淡黄色の小さな花を開く。花軸や枝に細かい毛がある。果実は,球形で黄褐色に熟し楕円形の堅い黒色の一個の種子を生じる。昔,サポニンを含んだ果皮を石鹸の代用に,種子は羽根つきの球に用いられた。市指定文化財。

 正覚寺のムクロジ

naka-mukurozi-2

樹種:ムクロジ

樹齢:約200年

樹高:約15m

幹周:2.5m

所在地:那珂市菅谷2199-1

所有者:正覚寺

概要:

 ムクロジは茨城・新潟県以南に分布している落葉広葉樹で,秋には黄葉する。かつて果実は洗剤に,種子は正月の羽根つきの玉に用いられ珍木的価値がある。参道の両側に並立しているが西側の樹の方はヒコバエが成長して双幹の形をなしているため大きい。市指定文化財。

 粗毛のモッコク

namegata-moltukoku

樹種:モッコク

樹齢:約350年

樹高:9m

幹周:3.5m

所在地:行方市粗毛23

概要:

 明治36年の「麻生の大火」に よって,幹が焼け,その後近年の台風によって大枝が折れたりして昔の偉容が一部失われた。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年,茨城県緑化推進委員会 発行)より引用

 諏訪町のモミジ

hitachi-momizi

樹種:モミジ

樹高:13.5m

幹周:2.90m

所在地:日立市諏訪町2-1-27

 多賀町のイロハモミジ

hitachi-irohamomizi-1-1hitachi-irohamomizi-1-2

樹種:イロハモミジ

樹高:13.0m

幹周:2.13m

所在地:日立市多賀町4-2-13

 大中のもみじ

oota-momizi

樹種:オオモミジ

樹齢:約450年

樹高:13m

幹周:3.8m

所在地:常陸太田市大中

概要:

 国道349号線を北上し,小中の生田から村道を東に入り,生田十文字に菊池家があり,その裏庭にこのもみじがある。 この樹はもみじの中では県下最大のものであり,根張り,枝張りともに理想的で,八方に力強く拡がり,幹趣も深く,銘木の名にそむかないもみじである。県指定天然記念物。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年,茨城県緑化推進委員会 発行)より引用

 天下野のモミジ

oota-momizi2

樹種:コミネカエデ

樹齢:約200年

樹高:20m

幹周:3m

所在地:常陸太田市天下野4531

概要:

 昔,今の紅葉の木のある所に隠居があり年寄り二人が住んでいた。西側の山から水を竹といに引いて来て紅葉の木の根元の所に桶を置き,水を溜め,飲料水などに使っていたという。その紅葉の木がこのように大きくなったと言われている。又昔は時々大風が吹いたので家の防風林としても役に立っていた。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年,茨城県緑化推進委員会 発行)より引用

 市野辺大柳

tikusei-yanagi

樹種:ヤナギ

樹高:約9.7m

幹周:約4.4m

所在地:筑西市市野辺地内

概要:

 「下館郷土史」によれば,寛永16年(1639)松平頼重が下館藩に就封した際に町名の改正が行われ,このとき市ノ辺村は柳の大樹があったことから柳町と称するようになった。

 また水戸の柳町にあった二十三夜尊を市ノ辺村に観請した際,この町と同様の柳町と称したとの言い伝えもある。