ホーム > 名木・巨樹 > クスノキ

ここから本文です。

 小木津町のクスノキ

hitachi-kusunoki-1-2hitachi-kusunoki-1-1

樹種:クスノキ

樹高:10m

幹周:3.5m

所在地:日立市小木津町456

 城南町のクスノキ 

hitachi-kusunoki-2-2hitachi-kusunoki-2-1

樹種:クスノキ

樹高:27m

幹周:4.5m

所在地:日立市城南町4-1

 水木町のクスノキ 

hitachi-kusunoki-3

樹種:クスノキ

樹高:16m

幹周:4.5m

所在地:日立市水木町1-22-4

 弘道館のクスノキ

mito-kusunoki-1-2mito-kusunoki-1-1

樹種:クスノキ

樹齢:推定300年

樹高:約25m

幹周:約4.6m

所在地:水戸市三の丸1-6

所有者:弘道館

概要:

 弘道館公園内にある斉昭の自薦自筆による「要石(かなめいし)歌碑」を挟むように一対のクスノキがある。その向かって右側のクスノキの方が大きく,弘道館の建設以前から生えていたと言われている。

 弘道館公園の敷地内にあるので,観梅時期には多くの観光客が行き交う。

 東漸寺の目隠しクスノキ

toride-kusunoki-1

樹種:クスノキ

樹高:26m

幹周:7m

所在地:取手市本郷3丁目9-19

概要:

 東漸寺の目隠しイチョウと甲乙つけがたいほどに立派なクスノキの巨木がある。クスノキは日本原産の樹木の中で最も太くなる木である。

 材は害虫に強い。床柱,家具,工芸品,彫刻,楽器などに使われている。

 

○「取手市の巨木と名木」(2010年,取手市緑化推進委員会 発行)より引用

 香取八坂神社のクスノキ

toride-kusunoki-2

樹種:クスノキ

樹高:31m

幹周:4.06m

所在地:取手市下高井1305

概要:

 拝殿の右側にクスノキの巨木がある。クスノキは神社や寺,庭,公園などに広く植えられている。

 木全体が香りがよく虫除けとなるため,幹,根,葉から天然の樟脳を採る。樟脳を精製したものが成分の香りのあるカンフルで,防臭剤,防虫剤,強心剤に使われる。

 

○「取手市の巨木と名木」(2010年,取手市緑化推進委員会 発行)より引用

 井ノ岡町浄妙寺のクスノキ 

ushiku-kusunoki

樹種:クスノキ

樹齢:約200年

樹高:25.4m

幹周:5.18m

所在地:牛久市井ノ岡町2130 浄妙寺境内

所有者:浄妙寺

概要:

 関東以西の暖地に自生する常緑高木である。木全体によい香りがあり,樟脳を沢山含んでいるため,葉を揉むと香気がただよってくる。

 クスノキは,ニッケイやゲッケイジュとともに芳香を出すことから,薬用や香辛料に使われてきた。

 この大木は,「ナンジャモンジャの木」と呼ばれて古くから親しまれている。

 本殿近くの見事な巨木のため,特別な思いを抱いている。

 北須賀満願寺の楠

inashiki-kusunoki樹種:クスノキ

樹齢:約100年

樹高:30m

幹周:4.3m

所在地:稲敷市阿波崎

所有者:満願寺

概要:

 北須賀山寿福院満願寺は,天平12年行基が薬師如来を彫刻し寺院を建立したとされている。  
  このクスノキは,当寺23世岩瀬良潤名和尚(1870-1938年)が寺院の景観と後世補修保全を憂慮して数本植えられたものであり,共に100年近い歳月を経て,今尚緑豊かに生長しているものである。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年,茨城県緑化推進委員会 発行)より引用