ホーム > 名木・巨樹 > モチノキ

ここから本文です。

 神峰町のモチノキ

hitachi-mochi-1

樹種:モチノキ

樹高:12m

幹周:3.9m

所在地:日立市神峰町1丁目122番

 本宮町のモチノキ

hitachi-mochi-2-1hitachi-mochi-2-2

樹種:モチノキ

樹高:7.5m

幹周:2.11m

所在地:日立市本宮町5-2-22

 東金砂神社のモチノキ

oota-mochi

樹種:モチノキ

樹齢:約500年

樹高:8m

幹周:1m

所在地:常陸太田市天下野町9740

所有者:東金砂神社

概要:

 東金砂神社の社務所にあり,水府村和久の菊池某という人が当社に心願をかけ奉納したもので、御神徳により粳が糯に変じたと伝えられる御神木である。

 この古木につながれた馬は、糞尿をしないといわれている。霊験あらたかな霊木の証であろうか。

 モチノキは、常緑高木で高さ10mに達する。西日本に多く自生し、また庭木として植栽されている。葉は厚くて光沢があり、長楕円形をしている。春、小形淡黄緑色の小花を開き、球形赤色の核果を結ぶ。材質は堅く、緻密で、印材または挽物用、樹皮は染料とりもちとして用いられる。

 

○県文化課HP(http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/index.html)より引用

 豊喰のモチ

naka-mochi-1

樹種:モチノキ

樹齢:約400年

樹高:約18m

幹周:3.2m

所在地:那珂市豊喰17

概要:

 那珂市には,モチノキは数多く見られていて,たいへん親しまれてきた樹木であるが,このモチノキは樹形・樹高・主幹の太さなど全体のバランスが良く,国道に面しているため,知る人も多い。市指定文化財。

 菅谷のモチノキ

naka-mochi-2

樹種:モチノキ

樹齢:約500年

樹高:約15m

幹周:3.8m

所在地:那珂市菅谷841

概要:

 地上1.5mで,三支幹に分かれ四方に広がる。主幹は直立し,上部の髄が腐朽し空洞になっている。やや衰えがあるが,樹勢は良好で,枝張りは東西15m,南北に13mあり,最も低い枝は地上1.4mに下垂している。県指定文化財。

 額田南郷のモチ

naka-mochi-3

樹種:モチノキ

樹齢:約300年

樹高:約10m

幹周:2.2m

所在地:那珂市額田南郷464

概要:

 水戸藩の庄屋を務めた旧家の,書院前庭の築山に植えられた2本のモチノキである。他の樹木とともに,庭を構成したものであり,人の手なども加わり保護されて来たと思われる。2本とも主幹は腐朽して樹形も変形しているが,長い歴史を重ねた風格のある古木である。徳川光圀が移植したともいわれている。市指定文化財。

 堤のモチ

naka-mochi-4

樹種:モチノキ

樹齢:約300年

樹高:約10m

幹周:2.7m

所在地:那珂市堤100

概要:

 住宅の裏側にあり,北側は道路になっている。この地に多く見られる個人の住宅の裏側にあるモチノキの中では大木であるが,住宅地内のため根の生活圏も限られ,長い年月を経る中で主幹の腐朽は内部まで進行し,ねじれた開口部に歴史を感じる古木である。市指定文化財。

 石神内宿のモチノキ 

tokai-mochi

樹種:モチノキ

樹齢:約300年

樹高:10m

幹周:2.9m

所在地:那珂郡東海村石神内宿1427

概要:

 地上1.2mの位置で2本に分岐し,一方は更に地上1.5mの位置で分岐し,3主幹が直立する形となっている。樹冠が円形となり,樹勢,樹姿ともに優れた大木である。

 現在,東海村指定文化財に指定されている。所有者により大切に管理されている。

 飯田のモチノキ

hokota-mochi樹種:モチノキ

樹齢:約400年

樹高:10m

幹周:4.8m

所在地:鉾田市鹿田1135

概要:

 桓武天皇後胤平家7世であった藤原貞俊がこの地に土着し,その後,名を小沼弥治右衛門と改名した。そして,小沼弥治右衛門となった藤原貞俊は武士から庄屋となったが,その時庭に植えたのが現在の飯田モチノキであるといわれている。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年,茨城県緑化推進委員会 発行)より引用

 龍禅寺のモチノキ

toride-mochinoki-1

樹種:モチノキ

樹高:10m

幹周:2.4m

所在地:取手市米ノ井467

概要:

 龍禅寺の前庭ではキンモクセイと並び,モチノキが見事な樹形を見せる。春には乳白色の小さな花をつけ,晩秋には常緑の葉に映える赤い実をつける事から庭木としても好まれている。

 和名の由来は樹皮からトリモチを採ったことからつけられた。材は堅く緻密なので,櫛や印材,寄木細工等に使用されている。

 

○「取手市の巨木と名木」(2010年,取手市緑化推進委員会 発行)より引用