ホーム > 名木・巨樹 > サクラ

ここから本文です。

 十王町のサクラ1

hitachi-sakura-1

樹種:サクラ

樹高:20m

幹周:4.0m

所在地:日立市十王町友部1917-1

 十王町のサクラ2

hitachi-sakura-2

樹種:サクラ

樹高:20m

幹周:3.5m

所在地:日立市十王町友部1917-1

 四代桜

hitachi-sakura-3

樹種:サクラ 

樹高:7m

幹周:4.5m

所在地:日立市助川町2丁目130-1

概要:

明治から平成の四代にわたって生き続けてきたので、「四代桜」と呼ばれている。

 滑川本町のサクラ

hitachi-sakura-4

樹種:サクラ

樹高:16m

幹周:4.1m

所在地:日立市滑川本町3-16 墓地

 諏訪のヤマザクラ

hitachi-sakura

樹種:ヤマザクラ 

樹齢:約500年

樹高:20m

幹周:7.8m

所在地:日立市諏訪町3-887-2

概要:

このヤマザクラは、諏訪小学校のグランドの南端に生育している。幹は、激しく凸凹し、地表面に沿った根回り周囲は約7.8mで地上約70cmのところで東西2本に分かれている。西側の支幹基部の周囲は約2.65mで、やや西側に傾いて生育しており、東側の主幹は地上約1.5mのところで3本の支幹に分かれて伸びている。ヤマザクラの生育している南側には所有者助川家の氏神の祠があり、氏神の神木とされ大切に保護されてきた。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年、茨城県緑化推進委員会 発行)より引用

 泉福寺のシダレザクラ

oota-sakura1

樹種:シダレザクラ 

樹齢:推定300年

樹高:20m

幹周:3.5m(根周り4m)

所在地:常陸太田市大中町1265

所有者:泉福寺

概要:

樹勢樹姿のすばらしいシダレザクラである。

泉福寺は、廃寺となった松安寺の跡に貞享元年(1684)小木津から曳寺再建されたが、このシダレザクラは

樹齢から考えておそらくその頃植えられたものと思われる。

 

○県文化課HP(http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/index.html)より引用

 七反のシダレザクラ

oota-sakura2

樹種:シダレザクラ

樹齢:推定約350年

樹高:11m

幹周:4.8m(根周り5.1m)

所在地:常陸太田市里川町484-6

所有者:常陸太田市

概要: 

幹周り、樹齢とも県内では最大級のものであり、幾星霜に耐えたその威容は「峻厳古雅の極み」との評判がある。
 しかし、昭和初期に起きた火災で根と幹を焼き、徐々に樹勢が衰え幹に大きなボラが空き枯死寸前であったが、平成2年に樹勢回復のための外科手術をしたことにより、今では順調に樹勢回復している。
 土を踏み固めないよう木柵も設置され、木柵の周りには地元の人が花などを植え訪れた人の目を楽しませている。

 

○県文化課HP(http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/index.html)より引用

 松岩寺のヤマザクラ

takahagi-sakura

樹種:ヤマザクラ 

樹高:20m

幹周:根回り5.6m

所在地:高萩市下君田1569

所有者:松岩寺

概要:

松岩寺の境内にあり、県道高萩塙線沿いの傾斜面中部に立っている。四方に伸びる枝振りもよく、花が咲きそろった様子は雄々しくもあり、可憐でもある。
標高が約360mの場所にあるため、5月初旬まで花を楽しめる年もある。開花時期が水稲の種を蒔くのに最適であるため、近隣の人々に稲作の花暦(代見桜)としても親しまれている。また、この地域はヤマザクラの天然分布の北限域にあたっている。

 

○県文化課HP(http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/index.html)より引用

 上君田の宮澤桜 

takahagi-sakura

樹種:サクラ

樹齢:約250年

樹高:約15m

幹周:約5m

所在地:高萩市上君田715(上君田生活改善センター)

所有者:高萩市

概要:

この桜は、上君田生活改善センタ-敷地内にあり、木の名称は地域の呼び名「宮の沢」から名付けられた。たくさんの桜が一体となって渦を巻いているような特徴的な幹である。見ごろは例年4月下旬。

地元集落の11人が中心となって守る会「桜賞(おうしょうかい)会」を結成し、平成27年4月に発足記念式典が開かれた。

10年ほど前から地元住民が集まり花見も行われるようになった。

 外大野のしだれ桜 

daigo-sakura-2

樹種:シダレザクラ

樹齢:推定300年

樹高:20m

幹周:3.1m

所在地:大子町大字外大野1312

所有者:外大野しだれ桜を守る会

概要:

地元では俗に「下大倉の桜」と称し、伝承によれば、かつて義公(水戸藩第二代藩主徳川光圀)お手植えの桜といわれ、「他所へ移植されても根付くな」という意味の和歌を作られたという。平成17年11月25日に茨城県指定天然記念物に指定された。

毎年4月上旬に桜の前で、保存会主催の「外大野しだれ桜まつり」が行われ、地元の人や観光客で賑わいを見せている。daigo-sakura-1

 小生瀬地蔵桜

daigo-sakura-3

樹種:サクラ

樹齢:推定500年

樹高:15m

幹周:4m

所在地:大子町大字小生瀬3827-1

所有者:地蔵桜保存会

概要:

小高い丘に広大な寺屋敷があり、竜骨が秘蔵されたという伝説のある八竜山地福寺の寺跡がある。現在寺跡に地域有志により延子安地蔵堂が祀ってあることが名前の由来と思われる。幹周りは中央部が朽ちているが、四方に伸びる枝は隆々と逞しく、平成26年7月1日付けで大子町指定天然記念物に指定されている。

毎年4月上旬に保存会主催の桜まつりがおこなわれており、地元の人や観光客で賑わいを見せている。daigo-sakura-4

 誉れ桜(箕輪のヤマザクラ) 

daigo-sakura-5

樹種:サクラ

樹齢:推定600年

樹高:15m

幹周:4.3m

所在地:大子町大字南田気字箕輪地内

概要:

箕輪山の山頂付近にあるヤマザクラで、明治時代の末期頃に、ヤマザクラの木が樹齢500年を経たとき、「誉れ桜」の栄えある名前をいただいたといわれている。それからすると、現在の樹齢はおよそ600年と推定される町内最古の桜である。