ここから本文です。

 南高野町のスダジイ

hitachi-shii-7-2hitachi-shii-7-1

樹種:スダジイ

樹高:10.5m

幹周:2.74m

所在地:日立市南高野町1-569-91

 本宮町のスダジイ1

hitachi-shii-8-2hitachi-shii-8-1

樹種:スダジイ

樹高:17.5m

幹周:5.15m

所在地:日立市本宮町5-4-11

 本宮町のスダジイ2

hitachi-shii-9

樹種:スダジイ

樹高:12m

幹周:2.9m

所在地:日立市本宮町4-2161墓地

 本宮町のスダジイ3

hitachi-shii-10

樹種:スダジイ

樹高:11m

幹周:2.5m

所在地:日立市本宮町4-2161

 末広町のスダジイ

hitachi-shii-11-1hitachi-shii-11-2

樹種:スダジイ

樹高:19.0m

幹周:2.70m

所在地:日立市末広町4-9-8

 香仙寺のシイ

oota-shii

樹種:スダジイ

樹高:29m

幹周:8.2m

所在地:常陸太田市松栄町615

所有者:香仙寺

概要:

シイとしては県内有数の巨樹である。

了誉上人が直牒洞にこもり著述10年、その間食糧として、柿・椎の実を食したと伝えられ、その椎の木が現存している。

 

○県文化課HP(http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/index.html)より引用

 水戸城跡の大シイ

mito-shii

樹種:スダジイ

樹齢:推定400年

樹高:約20m

幹周:約4m

所在地:水戸市三の丸2-9-22

所有者:水戸市

概要:

2株の大木は、いずれも佐竹氏の時代、すなわち戦国時代末期の頃より自生していたと伝えられている。他の地域のスダジイと比較すると大きく、枝張りも良く、葉のつき方も旺盛である。市指定天然記念物に指定されている。

水戸市立第二中学校の脇に立っているため、多くの生徒が行き交い、シンボル的な存在となっている。

 笠原神社のスダジイ

mito-shii

樹種:スダジイ

樹齢:約500年

樹高:25m

幹周:6.7m

所在地:水戸市文京2丁目1976

所有者:笠原神社

概要:

スダジイのある笠原神社は、茨城大学に隣接し、スギやケヤキなどの樹林地に囲まれていることもあり、神社としての役目だけでなく学生や地域の人々の憩いの場ともなっている。このスダジイは昭和53年(1978年)より水戸市の保存樹に指定され、多くの野鳥がおとずれるが、毎年のようにコノハズクが卵を生み、ひなを育てているようである。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年、茨城県緑化推進委員会行)より引用

 和光院のスダジイ

mito-shii2

樹種:スダジイ

樹齢:約500年

樹高:30m

幹周:7m

所在地:水戸市田島415

所有者:和光院

概要:

和光院は、かつて水戸城内にあって江戸氏の祈願寺として栄えたが、天正18年(1590年)佐竹氏との戦いに敗れたため、寺も田島へ退いた。「和漢合運」等の資料によると、和光院が田島へ移る以前、既にこの場所に長松寺という真言道場があったことが記されている。この寺の創建は詳ではないが、笠間岩谷寺や水戸和光院とも盛んに往来しており、和光院第二世有胤法印も天文年間(室町時代後期)灌頂を行っている。これらのことから推定して、樹齢は最低500年は下らないと思われる。近年、周囲の樹木がなくなったため、風当たりが強く枝折れ等がみられるが、なお、樹勢は旺盛である。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年、茨城県緑化推進委員会行)より引用