ここから本文です。

更新日:2016年3月23日

 神峰町のアカガシ

hitachi-kashi-1-2hitachi-kashi-1-1

樹種:アカガシ

樹高:12m

幹周:2.8m

所在地:日立市神峰町1-8-6

 諏訪町のアカガシ

hitachi-kashi-2

樹種:アカガシ

樹高:20.4m

幹周:2.61m

所在地:日立市諏訪町2-2-23

 金沢町のシラカシ

hitachi-kashi-3-2hitachi-kashi-3-1

樹種:シラカシ

樹高:26.5m

幹周:2.7m

所在地:日立市金沢町3-15-16

 相馬惣代八幡宮のシラカシ

toride-kashi-1

樹種:シラカシ

樹高:13.5m

幹周:3.36m

所在地:取手市寺田4815

概要:

 シラカシは関東地方に多く防風林や生け垣として利用されている。葉の表面は革質で細く光沢があり,裏面は少し白っぽく見える。樹皮は裂け目がなく黒色を帯びている。

 材は一般的に農具の柄や木刀,菓子型,靴型,船舶建造などに利用されている。シラカシの炭は火が長持ちするので大変喜ばれる。

 

○「取手市の巨木と名木」(2010年,取手市緑化推進委員会 発行)より引用

 長宮神社のシラカシ

koga-kashi

樹種:シラカシ

樹齢:約200年

樹高:25m

幹周:3.7m

所在地:古河市諸川433

所有者:長宮神社

概要:

 このシラカシは、長宮神社の神木であり見るからに精力的な巨木で見るものを圧倒している。

 神社の創立は、室町時代と伝えられている。明治6年4月1日に村社に列格され同19年9月社殿は失火のため炎上した。

 翌年八坂神社、八幡神社を合祀し現住所に造営し、長宮神社と尊称される。このシラカシは、長宮神社の社殿を建立した時に奉納されたものと思われるが、樹齢は約200年とみられる。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年,茨城県緑化推進委員会 発行)より引用

 天神社のツクバネガシ

kasama-kashi

樹種:ツクバネガシ

樹齢:約700年

樹高:20m

幹周:4.6m

所在地:笠間市笠間176-1

所有者:天神社

概要:

 鎌倉時代の承久年間に初代笠間城主藤原時朝が,城の鬼門にあたる大渕に領国鎮護の神として天神社を祀った。その時に境内に植えられたとの言い伝えのあるものである。

 

○「茨城の名木・巨樹」(1996年,茨城県緑化推進委員会 発行)より引用

 恩名のイチイガシ

koga-kashi2

樹種:イチイガシ

樹齢:推定500年

所在地:古河市恩名2347

概要:

 イチイガシは暖地性の常緑高木で、台湾・中国南部から、日本では九州・四国と本州の温暖な地域に分布する。
  アカガシ属の他の樹木とイチイガシの違いは、葉の裏と葉柄に黄褐色の毛(星毛)が密生していることで、本県ではこの他に筑波山神社裏にわずかに見られるだけである。

 このイチイガシは推定樹齢500年といわれ、この地方では珍しい貴重な植物である。

 

○県文化課HP(http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/index.html)より引用

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林政課森づくり推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4021

FAX番号:029-301-4039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?