ホーム > 重要情報 > 堆肥の放射性物質検査結果(第2報)(8月26日掲載)

ここから本文です。

更新日:2016年3月23日

堆肥の放射性物質検査結果(第2報)(8月26日掲載)

公開日2011年8月26日

牛ふん堆肥の検査について、調査中の3市町のうち、阿見町の検査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

検査の結果、阿見町の1製造所から暫定許容値(400ベクレル/キログラム)を超える放射性セシウム(700ベクレル/キログラム)が、検出されました。
また、その要因を分析するため、原料となる牛ふんや剪定枝(敷料)を検査したところ、剪定枝から1,400ベクレル/キログラムの放射性セシウムが検出されたため、原因を剪定枝と判断しました。

さらに、3検体中1検体で超過が見られた場合の国の検査手順に従い、別の3つの製造所を検査したところ、いずれも暫定許容値以下となりました。

以上の結果、阿見町では、

暫定許容値を超過した製造所に対し、当該堆肥の出荷自粛を求めるとともに、適切に保管を行うよう要請しました。

また、暫定許容値を超えた1製造所を除くすべての製造所の堆肥については、出荷・施用を可能といたしました。

ダウンロードファイル堆肥の放射性物質検査結果について(第2報)PDF:68キロバイト

関連リンク

高濃度の放射性セシウムが含まれる可能性のある堆肥等の施用・生産・流通の自粛について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部産地振興課エコ農業推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3931

FAX番号:029-301-3939

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?