ホーム > 平成26年産大豆の放射性物質検査について

ここから本文です。

更新日:2015年7月10日

平成26年産大豆の放射性物質検査について

 茨城県では,大豆の出荷・販売等を行う市町村(37市町村)について,原子力災害対策本部が平成26年3月20日に示した「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」に基づき,出荷前に,下記のとおり検査を実施しました。
 いずれも基準値以下となり,安全性が確認され,県内全域において大豆の出荷・販売等が可能となりました。

検査方法

 流通用大豆の作付けがある市町村または旧市町村(昭和25年当時の市町村)ごとに,出荷前に,収穫・乾燥後の段階での大豆の放射性物質濃度を測定

検査対象

国が示す検査区分等

本県における
検査対象

検査区分 検査密度
1. 平成25年産大豆の検査結果で,50Bq/kg超の放射性セシウムが検出された旧市町村及びその隣接旧市町村

全戸検査と同等の水準を目安
1haごとに1点の検査

該当なし

2. 平成25年産大豆の検査で全戸検査相当の密度で検査を実施した旧市町村 旧市町村ごとに3点を目安
作付面積が3ha未満の場合は,1haごとに1点の検査
2町の3旧町村(※1)

9点
3. 上記1及び2の検査区域を除く区域 市町村ごとに1点以上 37市町村

37点
合計 46点

1 河内町(旧生板村),利根町(旧布川町,旧東文間村)・・・千葉県栄町旧布鎌村(H24年産で55Bq/kg検出)隣接の3旧町村

検査時期

 平成26年11月~平成26年12月

分析機関

 一般財団法人 日本穀物検定協会東京分析センター

出荷自粛及び解除

 検査を実施する地域ごとに,全検体の検査終了まで出荷を自粛するよう要請した上で,当該地域の全検体が100Bq/kg以下であった場合,出荷自粛を解除
 また,当該地域で100Bq/kgを超える値が検出された場合,確認のための検査を行い,再度100Bq/kgを超える値が検出された場合は,原子力災害対策特別措置法に基づき出荷制限を設定

 

 

検査結果

平成26年産大豆検査結果

平成26年産茨城県産大豆の検査等の結果【県東日本大震災関連情報ホームページ】

 

平成26年産大豆の検査結果概要

検査点数 検出せず 10Bq/kg以下 10Bq/kg超
50Bq/kg以下
50Bq/kg超
100Bq/kg以下
100Bq/kg超
46 41 4 1 0 0

平成25年産大豆検査結果

平成25年産茨城県産大豆の検査等の結果【県東日本大震災関連情報ホームページ】
平成25年産大豆放射性物質検査結果の概要(PDF:151KB)
平成25年産大豆の出荷・販売が開始された市町村または旧市町村〈地図〉(PDF:761KB)

平成25年産大豆の検査結果概要

(平成25年産大豆の検査結果総括表)
検査点数 検出せず 10Bq/kg以下 10Bq/kg超
50Bq/kg以下
50Bq/kg超
100Bq/kg以下
100Bq/kg超
88 62 21 5 0 0

 

 

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部産地振興課農産振興

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3921

FAX番号:029-301-3939

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?