ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 地域の農林水産振興 > 「水戸のねぎ」「鉾田市旭地区のいちご」「行方市の香菜」「阿見町のれんこん」が新しく銘柄産地の指定を受けました

ここから本文です。

更新日:2018年3月26日

「水戸のねぎ」「鉾田市旭地区のいちご」「行方市の香菜」「阿見町のれんこん」が新しく銘柄産地の指定を受けました

新規に銘柄産地指定を受けた4産地の代表の皆さんが3月22日(木曜日)に県庁を訪れ,大井川知事から銘柄産地指定証と功労者表彰状を受け取りました。

水戸市のねぎは,ハウス栽培の「柔甘(やわらか)ねぎ」が平成30年2月に地理的表示制度(GI)に登録されるなど,県央地域の高収益作物としてブランド化を推進しています。

鉾田市旭地区のいちごは,量販店向け少量パックや40g以上の大粒の黒箱などのきめ細かな商品展開に加え,県育成品種「いばらキッス」の作付面積が県内最大の222aと,今後とも活躍が期待される産地です。

行方市の香菜は,近年の消費者ニーズ増加に伴い生産量が急増し,現在は,静岡・岡山と並ぶ全国有数の産地として市場や量販店に広く認知されています。

阿見町のれんこんは,水田地帯の主力園芸品目として地域農業の新たな振興品目に位置付けられ,産地が一体となって新規就農者の受入や農地集約などに取り組んだ結果,若い生産者が数多く育ち,栽培面積も年々増加しています。

大井川知事からは,「このような素晴らしい産地が沢山指定されたのは大変喜ばしいこと,これからも頑張って欲しい。」と,激励の言葉がありました。

 

表彰式

このページに関するお問い合わせ

農林水産部産地振興課野菜対策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3950

FAX番号:029-301-3939

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?