ホーム > 茨城で暮らす > 防災 > 防災・危機管理情報 > 防災対策 > 「避難勧告等に関するガイドライン」の改定及び「避難勧告等の発令に係る基本的考え方」の策定について

ここから本文です。

更新日:2019年5月31日

「避難勧告等に関するガイドライン」の改定及び「避難勧告等の発令に係る基本的考え方」の策定について

避難勧告等に関するガイドライン

1経緯

2主な改定内容

  • 住民の自主的な避難行動等を支援するため,避難情報等を5段階の警戒レベルに整理し,避難のタイミングを明確化します。

    【警戒レベルと避難行動等の関係】※国作成チラシより抜粋

避難行動の考え方

3県民の皆様が理解しておくこと

  • 災害から命を守るため,行政機関から提供される防災情報を確認するとともに,市町村から「警戒レベル3,4」の避難情報が発令された地域にお住まいの方は,速やかに避難してください。

    ※警戒レベル4町村から「避難勧告」又は「避難指示(緊急)」が発令されます。
    象区域内の皆様は,全員避難してください。
    警戒レベル3町村から「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されます。
    象区域内にお住いの避難に時間を要する人(高齢者等)は,避難してください。

「警戒レベル」に係るチラシ(PDF:2,799KB)

警戒レベルチラシ

 

避難勧告等の発令に係る基本的考え方

1経緯

  • 市町村長が避難勧告等を発令するための基準(以下「発令基準」)の作成率は,洪水予報河川で86.8%,水位周知河川で65.2%,土砂災害で82.1%となっています。
【参考】市町村の避難勧告等の発令基準の設定状況(H31.4月)
 

洪水

土砂災害
洪水予報河川 水位周知河川 その他河川等
作成済 33(86.8%) 15(65.2%) 8(22.9%) 33(82.5%)
一部未作成 2(5.3%) 2(8.7%) 0(0.0%) 0(0.0%)
未作成 3(7.9%) 6(26.1%) 27(77.1%) 7(17.5%)
対象河川なし 6 21 9 4

避難勧告等の発令基準の設定状況(PDF:54KB)

  • 平成30年台風第13号が関東沖を北上した際,千葉県では25市町村が避難勧告等を発令した一方で,本県で発令したのは6市町村でした。
  • そこで,茨城県では,県内の市町村が,国ガイドラインの改定内容を踏まえつつ,空振りを恐れず躊躇なく避難勧告等を発令することができるよう,「避難勧告等の発令に係る基本的考え方(以下「基本的考え方」という。)」を策定いたしました。

避難勧告等の発令に係る基本的考え方(PDF:102KB)

2基本的考え方の概要

  • 市町村が避難勧告等の発令基準を改定,策定するに当たり,以下の3点に特に注意するよう促してまいります。
  1. 基準の明確化(空振りを恐れない躊躇なき発令)
    ・国ガイドラインを基準とし,具体的な数値を用いて発令基準を設定
    :「○○川の水位基準○○m」など
  2. 早期の発令(避難時間等の確保を考慮した発令)
    ・夜間に避難することが予測される場合,明るいうちに発令
  3. 住民の早期行動の促進(住民の迅速・適切な行動を促す分かりやすい情報の提供)
    ・一段階上の警戒レベルを念頭に,具体的な行動(避難準備等)を伝達など

3県民の皆様が理解しておくこと

  • 避難のための準備及び避難には多くの時間を要しますので,県民の皆様が5段階の警戒レベルに応じてとるべき行動については,常に一段階上の警戒レベルに備えてください。
  • 特に,避難に時間のかかる要配慮者(高齢者,障害者,乳幼児その他の特に配慮を要する者)とその支援者は,警戒レベル2(避難に備え自らの避難行動を確認する)の段階で,警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)に備えた準備をしておきましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

防災・危機管理部防災・危機管理課防災

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2885

FAX番号:029-301-2898

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?