ここから本文です。

2-3 原子力発電の仕組みについて知る

原子力発電は,ウラン235を燃料にして人工的に臨界状態をつくり出し,発生する熱エネルギーを電気に変える仕組みで発電しています。熱で作った蒸気でタービンを回すという点では基本的には火力発電と同じ仕組みです。

火力発電はボイラーの中で石油や天然ガスなどを燃やし,その熱でつくった蒸気でタービンを回して発電します。一方,原子力発電は,石油などを燃やすボイラーの代わりに原子炉(※4)の中で,核分裂が生み出す熱エネルギーを利用して蒸気をつくり,タービンを回して発電します。

4,世界の原子炉の約80%を占めているのは軽水炉である。軽水炉には,気を発生させる仕組みの違いにより,沸騰水型(BWR)と加圧水型(PWR)の2種類があります。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

~目次~
原子力と放射線の基礎知識

 

1,茨城県と原子力


2,原子力について知りたい

3,放射線について知りたい

4,原子力の安全と防災

原子力関連ページリンク集(関連機関集)

    原子力と放射線を知るためのリンク集