ホーム > 茨城で暮らす > 原子力と放射線について > 原子力・放射線の基礎知識 > 3-4 放射線や放射能でよく聞くベクレルやシーベルトってなに?

ここから本文です。

3 放射線について知りたい

3-4 放射線や放射能でよく聞くベクレルやシーベルトってなに?

放射線や放射能に関する単位です。以下の単位があります。

放射線や放射能に関する単位
  単位 記号 解説
放射線量に関する単位 グレイ Gy

放射線が物質にあたったとき,その物質や人体にどれだけのエネルギーが吸収されるかを表す単位です。

放射線や物質の種類によらず適用されることから,放射線が物質(人体を含む)に与える影響を評価するときの基本的な物差しになります。

放射線量に関する単位 シーベルト Sv 放射線を受けたとき,人体がどの程度放射線による影響を受けるかを表すのに用いられます。
放射能に関する単位 ベクレル Bq

1秒間に何個の原子核が壊れるかを表す単位です。(放射性物質は不安定な原子核を持っているため一定の割合で崩壊し,その時に放射線を出します)

放射能と放射性物質の量は比例しているため,ベクレルは放射性物質の量を示す単位としても使用されています。例えば,食品や水の汚染の場合はベクレル毎キログラム(Bq/kg)という単位を使います。

茨城県の環境放射線監視季報や放射線インターネット・テレメータ表示局では、ナノグレイ(nGy)という単位を用いています。

ナノ(n)は、マイクロ(μ)の1,000分の1の単位であり、ナノ単位で表記された値を1,000で割ると、マイクロ単位で表すことができ、さらに1,000で割るとミリ(m)単位で表すことができます。

(例)

1ナノグレイ(nGy)=1ナノシーベルト(nSv)

1ナノグレイ(nGy)=0.001マイクログレイ(μGy)=0.000001ミリグレイ(mGy)

より知りたい方は,茨城県原子力安全対策課が発行している2016年度版原子力ハンドブックP10,原子力とエネルギーブック高校生版P21,中学生版P16を読んでみてください。

(なお,これらの冊子は,原子力に関する基礎的な情報を解説したものです。過去の冊子については国立国会図書館,茨城県立図書館などに所蔵されています。)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

~目次~
原子力と放射線の基礎知識

 

1,茨城県と原子力


2,原子力について知りたい

3,放射線について知りたい

4,原子力の安全と防災

原子力関連ページリンク集(関連機関集)

    原子力と放射線を知るためのリンク集