ホーム > 茨城で暮らす > 原子力と放射線について > 原子力・放射線の基礎知識 > 4-8 原子力施設で事故が起こったら住民はどうすればいいの

ここから本文です。

4 原子力の安全と防災

4-8 原子力施設で事故が起こったら住民はどうすればいいの

 原子力施設において事故が起こった場合は,県や市町村からの情報に基づき,冷静,沈着に行動してください。

【正確な情報を入手する】

  • テレビ・ラジオ・防災行政無線,緊急速報メール,インターネット,広報車等のあらゆる広報手段によって,必要な情報が伝えられます。
  • 自分勝手な行動はとらずに,新たな情報が出るまで屋内で待機しましょう。
  • うわさやデマに惑わされないようにしましょう。
  • 隣近所と情報の確認をしましょう。

【屋内退避の指示が出た場合】

  • ドアや窓を全部閉めましょう。
  • 換気扇など,他の空気の出入口を閉じましょう。
  • 外から帰ってきた人は顔や手を洗い,衣服を着替えましょう。
  • 外の空気を取り込むタイプのエアコンは,止めましょう。

 

【避難の指示が出た場合】

  • 電気のブレーカーを落とし,ガスの元栓などを閉めましょう。
  • 隣近所に声をかけ,助け合いながら避難しましょう。
  • 窓やドアの鍵を閉めましょう。
  • 持ち物は最小限にし,貴重品は忘れないようにしましょう。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

~目次~
原子力と放射線の基礎知識

 

1,茨城県と原子力


2,原子力について知りたい

3,放射線について知りたい

4,原子力の安全と防災

原子力関連ページリンク集(関連機関集)

    原子力と放射線を知るためのリンク集