ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 廃棄物・資源循環 > 「廃棄物不法投棄の情報提供に関する協定」の締結について

ここから本文です。

更新日:2016年1月25日

「廃棄物不法投棄の情報提供に関する協定」の締結について

       平成28年1月25日
                                茨城県生活環境部廃棄物対策課

協定締結の様子
shugoupic 
 標記協定につきまして,不法投棄の情報を提供いただくため,今般,新たに8団体と協定を
締結し,下記のとおり締結式を行いましたのでお知らせいたします。
 なお,この結果,協定締結先は,20団体等となりました。

         記

1 締結式
 (1) 日時場所 平成28年1月25日(月)午前11時~生活環境部会議室(県庁12階)

 (2) 協定先出席者 茨城沿海地区漁業協同組合連合会 専務理事 吉田 彰宏 様
                               茨城県内水面漁業協同組合連合会 代表理事会長 鈴木 清次 様
                               霞ヶ浦漁業協同組合 副組合長 武藤 彰男 様
                               麻生漁業協同組合 副組合長 大輪 勝 様
           きたうら広域漁業協同組合
                               潮来漁業協同組合 代表理事組合長 小沼 政美 様
                               一般社団法人茨城県測量設計業協会 会長 方波見 正 様
                               一般社団法人茨城県高圧ガス保安協会 会長 立原 孝夫 様

 (3) 県側出席者 小野生活環境部長,野尻廃棄物対策課長,村田不法投棄対策室長

2 協定の目的
 (1) 早朝・夜間または山間部など,人の目の行き届きにくい時間帯や場所で活動している
  業界団体等と協定を締結し,不法投棄の監視体制を強化して,不法投棄の早期発見・早期
  解決を図る。(情報提供方法:電話,メール又はFAX)

 (2) 「不法投棄監視中」のステッカーを配布し,業務車両に貼付してもらうことで,不法
  投棄を常時監視し ていることをアピールし,不法投棄がしにくい環境の整備を図る。

 (3) 東京オリンピックや中央リニア新幹線などの大規模プロジェクトによる廃棄物や建設
  残土の大量発生が見込まれることから,今後,本県の不法投棄の発生件数が増加する恐れ
  があり,監視・通報体制を強化する必要があるため。

3 協定締結状況

締結日

相手方

H15. 9.26

茨城県ハイヤー・タクシー協会

社団法人茨城県警備業協会

社団法人茨城県トラック協会

東京電力株式会社茨城支店

H20. 3.24

社団法人茨城県建設業協会

H20. 6.25

東日本電信電話株式会社茨城支店

H20.10.22

茨城県建設解体業協同組合

H23. 2.15

茨城県農業協同組合中央会

茨城県森林組合連合会

H24. 2. 1

茨城県土地改良事業団体連合会

社団法人茨城県猟友会

H24.12.21

茨城県石油業協同組合

H28. 1.25

茨城沿海地区漁業協同組合連合会

茨城県内水面漁業協同組合連合会

霞ヶ浦漁業協同組合

麻生漁業協同組合

きたうら広域漁業協同組合

潮来漁業協同組合

一般社団法人茨城県測量設計業協会

一般社団法人茨城県高圧ガス保安協会

 

4 不法投棄新規発見件数                (単位:件)

年度

H15

H16

H17

H18

H19

H20

H21

H22

H23

H24

H25

H26

件数

351

330

315

316

210

245

162

133

136

171

116

134

このページに関するお問い合わせ

生活環境部廃棄物対策課不法投棄対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3033

FAX番号:029-301-3039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?