ここから本文です。

更新日:2016年3月20日

死亡野鳥を見つけた方へ

死亡野鳥を見つけた方へ~鳥インフルエンザ感染の可能性について~

野鳥は、餌不足による衰弱、障害物への衝突、生息環境の変化など、日頃様々な原因で死亡します。ですから、野鳥が死亡していても、密集して死んでいる場合などを除き、通常は鳥インフルエンザ感染の心配はないと考えられています。死亡野鳥を見つけても、直ちに鳥インフルエンザ感染の可能性を疑う必要はありませんので、冷静な対応をお願いいたします。
鳥インフルエンザのウイルスは、感染した鳥と濃密に接触するなど特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。ただし、さまざまな動物由来の感染症予防のため、野鳥には素手で触らないようお願いいたします。また、死んだ野鳥を廃棄する場合は、ビニール袋に入れてきちんと封をして、通常のごみと同様に処分することが可能です。(死体の預かりは対応していませんので御理解願います。)
万一、密集して死んでいる野鳥を発見した場合は、各県民センター環境・保安課又は県民センター総室県央環境保全室に御連絡ください。

(参考リンク)

ご相談先

電話番号

県北県民センター環境・保安課 0294-80-3355
鹿行県民センター環境・保安課 0291-33-6057
県南県民センター環境・保安課 029-822-8364
県西県民センター環境・保安課 0296-24-9127
県民センター総室県央環境保全室 029-301-3047

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部環境政策課自然・鳥獣保護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?