ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 自然 > (17)水の恵みを知るみち

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

(17)水の恵みを知るみち

コースの概要

写真17

このコースは水郷筑波国定公園に指定されている霞ヶ浦のを見ながら歩くコースで、この地域の特産品でもあるレンコンやコイ・ワカサギ・シラウオなどの漁業など水の恵みによるものをたくさん見ることができます。

しばらく釣り舟の行き交う入江に沿って南下すると、三角形に吊られたゴールの水郷大橋が視界に入ってきます。

コースは平坦で歩きやすいがほとんどですが、歩行距離が長いため、休憩所のある場所では、休息を取ることをお勧めします。また、コース中に日陰になるような場所が少ないため、夏場に歩くときには、暑さ対策を十分にしてください。

 

コース名 (17)水の恵みを知るみち 関係市町村

阿見町、美浦村、稲敷市

歩行距離 21.0キロメートル コース概略
歩行時間 約5時間 島津~木原~牛込~馬掛不動峠
~陸平貝塚~稲荷ノ鼻~古渡橋
コース難易度 ★★

 

すべてのコース     次のコース

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部環境政策課自然・鳥獣保護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?