ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 自然 > 筑波山自然研究路の一部通行止め及び迂回路について(お知らせ)

ここから本文です。

更新日:2016年6月11日

筑波山自然研究路の一部通行止め及び迂回路について(お知らせ)

 

筑波山自然研究路(男体山周回コース)で大規模な岩石の崩落(高さ20m幅7m)が発生しました。そのために、自然研究路の通路が約7mにわたって欠損してしまい、通行できません。

場所は、立身石の先、約50m進んだところです。(案内看板4.「立身石の伝説」と5.「筑波山のブナ」の間)

現場は二次災害の恐れがあり、きわめて危険です。
修復するまでの期間(未定)、男体山山頂を経由する迂回路をご利用ください。なお、迂回路は一時的なものであり、急な岩場や狭い箇所がありますので、充分注意のうえ通行願います。

利用者の皆様方のご理解・ご協力をお願いします。

 

自然研究路の欠損部分

自然研究路の欠損部分

再崩落が予想される岩石

再崩落が予想される岩石

崩落場所(PDF:1,472キロバイト)

自然研究路迂回路案内(PDF:271KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部環境政策課自然・鳥獣保護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?