ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

年末の交通事故防止県民運動について

年末は、日没時間が年間を通じて最も早く、夕暮れ時から夜間にかけての交通事故の多発が懸念されます。
このため、県民一人ひとりに広く交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と交通マナーの実践を習慣付けることにより、交通事故防止の徹底を図るため、年末の交通事故防止県民運動を実施します。

 

○運動の重点1)子供と高齢者の交通事故防止(特に横断歩行者の保護)
(2)夕暮れ時と夜間の交通事故防止
(3)飲酒運転の根絶 ⇒ 飲酒運転は犯罪です!絶対にやめましょう! 

〇期間

 12月1日(金曜日)~12月15日(金曜日)

〇スローガン

 自分から つけるライトで 消える事故

〇運動の重点

(1)子供と高齢者の交通事故防止(特に横断歩行者の保護)stop

 ◎運転者は常に進路の安全を確かめ、横断しようとしている歩行者を見かけたら、

  一時停止するなど横断者の保護に努め、思いやりのある運転をしましょう。

 ◎子供や高齢者が外出するときは、安全確認や反射材の着用を促す「声かけ」を

 しましょう

(2)夕暮れ時と夜間の交通事故防止

 ◎12月は1年を通じて最も日没時間が早まることもあり、17時~19時にかけて死亡事故

  が多くなります。日没の30分前にはヘッドライトを点灯させ、自車の存在を他車や歩行者などにアピー

 ルしましょう。

 ◎歩行者等を早く発見するため、ライトは基本上向き点灯し、こまめな上下切り替えを心がけるなど交

 通事故防止に努めましょう。

 ◎歩行者は外出する時には反射材を着用するようにし、周囲に自分の存在を知らせて交通事故を未然に

 防ぎましょう

(3)飲酒運転の根絶

 ◎12月は職場の忘年会等でお酒を飲む機会が増えますが、飲酒運転は絶対に止めましょう。

 ◎飲酒運転には免許の取り消しなど厳しい処分が待っています。県民の皆さん一人一人が「飲酒運転を

 絶対にしない、させない」という強い意志を持ち、飲酒運転を根絶しましょう。

 

●平成29年年末の交通事故防止県民運動実施要綱(PDF:2,233KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部生活文化課安全なまちづくり推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2842

FAX番号:029-301-2848

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?