ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 自然 > コース10筑波山頂めぐりのみち踏破者感想

ここから本文です。

更新日:2018年3月2日

コース10筑波山頂めぐりのみち踏破者感想

御嶽山から坂東24番礼所へのみち

歩いた日平成13年6月3日

撮影ポイント[カタクリ群落の案内板]

筑波山市営駐車場に車を置き、筑波梅林をスタート。山頂まで「11、筑波山めぐりから旧参道へのみち」として歩く。登山道はかなりきつい。ケーブルがトンネルに入るあたりで撮影ポイントがあったので、ここで撮影兼休憩する。この先はさらに険しく岩ゴロゴロである。
90分かけてやっと御幸ヶ原のコース起点に立つ。
御幸ヶ原を出発する。約20歩くと撮影ポイントのカタクリの案内板前に到着。写真を撮って出発。筑波ユースホステルまでの山道では多数の人とすれ違う。道路を歩き、キャンプ場入口を3時50分に通過。ここから鬼ヶ作林道に入り、「9、筑波連山縦走のみち(2)」の撮影ポイントの路傍休憩所で休憩。写真撮影して出発。害虫が多くペースが落ちる。
観光みかん園前に到着する。農家の人が手入れしているのを横目に見ながら5時に薬王院への分岐点に着く。少し向かってみるが、標識が倒れており、道が不案になり、バスの時間も気になるので引き返す。
5時15分に酒寄バス停に到着。バスはしばらく無いので、上大島のつくば市との境まで来たら、ラッキーなことに下妻からのバスが来たため乗車。筑波駅で乗換えたが、筑波山神社行きは最終のバスであった。間一髪。バスを下りて市営駐車場の車まで戻る。

コース行程(所要時間:2時間15分)
筑波山御幸ヶ原[15時00分]~筑波キャンプ場入口[15時50分]~みかん園[16時45分]~旧酒寄駅[17時15分]

その他のコース風景

 

御幸ヶ原・コース起点

 

 

路傍休憩所の大石

 

 

酒寄バス停・コース終点

 

御幸ヶ原・コース起点 路傍休憩所の大石 酒寄バス停・コース終点

コースの感想

きつい登りの末に到着した筑波山頂は眺めも良く、下界を見下ろす満足感は格別なものでした。山頂からみかん園まで、害虫が多く、歩くのに苦労ました。[高橋裕介]
筑波山頂付近はカタクリの花が自生していることを知りましたが、今は咲く時期を終えており、「どんな花が咲くのだろう」と思いながら歩きました。[高橋洋子]

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?