ここから本文です。

更新日:2019年4月10日

筑波山サポーター

筑波山サポーターの概要

設置の経緯と目的

筑波山は、年間200万人以上の観光客が訪れる県内屈指の観光スポットであるとともに、多くの希少野生動植物の生息地でもあります。つくばエクスプレスの開通以降、さらに観光客が増加した一方、登山道の劣化や、踏み締めによる植生の衰退などが進行し、筑波山の自然環境保護と、適正な利用を図ることが課題となっています。

一方、利用者の方からは、筑波山の環境保護のために何かしたいが、何をしたらいいか分からないという声もありました。
そこで、こうした熱意のある方々にボランティアとして県の活動に御協力いただき、共に筑波山での課題解決に取り組んでいただくために、登録制のボランティア制度を創設したものです。

登録要件

以下のすべての要件を満たしている者

  • 利用者に対し、柔軟かつ適切な指導ができること。
  • 筑波山の保護と適正な利用の推進に関心があり、ボランティアとして県に協力する意思があること。
  • 法令及び自然環境に関する見識を有し、他の利用者の模範となるよう法令や自然公園利用マナーを遵守すること。
  • サポーターとしての活動を行うことが可能であり、健康であること。
  • 県が主催する「筑波山アカデミー」のベーシック講座及びアプリケーション講座を修了し、修了証を交付されていること。

活動内容

  • 各回30名程度
  • 筑波山の巡回による、必要な情報の収集及び報告。
  • 必要に応じた利用者に対する利用の際の遵守事項、マナー、事故防止等の助言及び注意。
  • 茨城県生活環境部環境政策課長の要請による、筑波山の自然保護活動及び利用施設の維持管理活動等への参加。
  • 筑波山の自然保護及び利用に関して、現状の課題の把握及び改善策に対する提案。

提出様式

申請手続き

上記2の登録要件を満たしている方で、サポーターとしての登録を希望する方は、下記の申請書により、郵送若しくは持参で申請してください。

登録期間

登録日より2年間(登録期間更新を希望する方は、下記の更新申請書により申請してください。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?